『機』2019年11月号

前号    次号 社主の出版随想 ▼十一月に入り、今年も余すところ二ヶ月を割った。この所、夏の暑さが長引き十月まで暑い日が続き、秋晴れの日はめっきり減った。しかも今年は、九月から十月にかけて、台風がこれでもかこれでもかと […]

『機』2019年10月号

前号    次号 社主の出版随想 ▼昔の読書人ならイマニュエル・ウォーラーステインと聞くと、「ああ、あの従属論の」とわかるはずだが、その従属論者がいつ「世界システム」論者になったかだ。’70年代の世界の学問状況は、「’6 […]

『機』2019年9月号

前号    次号   社主の出版随想 ▼チャオ埴原三鈴女史が今八月急逝された。小社から約八年前に、朝日新聞の元論説主幹・中馬清福氏と共著で『「排日移民法」と闘った外交官――一九二〇年代日本外交と駐米全権大使・埴原正直』を […]

『機』2019年8月号

前号   次号   社主の出版随想 ▼また暑い夏がやってきた。夏が訪れる度に思い出されるのが、周囲の戦争体験者の声である。そして多くの体験者は口を揃えて、戦争は決してしてはいかん、と。わずかの人は、やりたくてやったのでは […]

『機』2019年7月号

前号   次号 社主の出版随想 ▼今、小社では、二人のコレクションの刊行中である。一人は、昨春から始まった在日詩人の金時鐘氏。もう一人は、今春から刊行が始まった「生命誌」を提唱された中村桂子氏。 ▼先日、大阪で、有志主催 […]

『機』2019年6月号

前号   次号   社主の出版随想 ▼6/2付の『毎日新聞』一面の「余録」で〝塩爺(しおじい)〟の愛称で国民から愛された塩川正十郎氏の一面を知った。最晩年の十年間親しく付き合わせて頂き、自伝『ある凡人の告白』を […]

『機』2019年5月号

前号   次号 社主の出版随想 ▼未曾有の10連休という国が定めた休暇も終わった。この間、年号は平成から令和に変わり、新天皇が即位した。この間に、米国による、日本の頭を飛び越しての、北朝鮮や中国との熾烈な駆け引き。米現政 […]

『機』2019年4月号

前号   次号 【社主の出版随想】▼来月より新元号「令和」になる。その命名者は、小誌に長きに亘って連載していただいている中西進氏との噂。上古文学の専門家とのことだが、かなり守備範囲も広く、現代を洞察する眼も確かなものをお […]

『機』2019年3月号

前号   次号 【社主の出版随想】 ▼三月の声を聴くと体全体が芽吹きを感じる。夏は冷房、冬は暖房という生活をしていると、いつの間にか自分の体が自分で調整できなくなっているのを感じるが、幼少期は暖房も冷房もなく、自然の中で […]

『機』2019年2月号

前号   次号 【社主の出版随想】 ▼〈承前〉パリ三日目、最後の日。ランチは、エマニュエル・ル=ロワ=ラデュリご夫妻と、お住いの近くのレストランでいただく。氏には、一九八三年来日時に、井上幸治氏と近著『モンタイユー』を中 […]

『機』2019年1月号

前号   次号 【社主の出版随想】 ▼フランスの土を一五年ぶりに踏んだ。日本の報道からして熱い、危険なパリを想像していたが、到着した十二月四日火曜日のパリは、意外に静かな佇まいだった。空港からパリのシャンゼリゼ大通りに入 […]

『機』2018年12月号

目次 前号   次号 2018年度ノーベル生理学・医学賞受賞! 生命科学の未来 本庶佑+川勝平太 西洋と東洋の現場を識る碩学による問題作 日本の「世界化」と世界の「中国化」 小倉和夫 沖縄・女性の視点から見つめ直す新しい […]

『機』2018年11月号

目次 前号   次号 『においの歴史』など問題作を刊行してきた著者の最新作! 静寂と沈黙の歴史 小倉孝誠 山田登世子さん『都市のエクスタシー』『メディア都市パリ』同時出版! 歴史家の家を訪ねて 山田登世子 登世子さんの挑 […]

『機』2018年10月号

目次 前号   次号 “生命誌研究館”を実現した中村桂子の思想とは? 中村桂子コレクション「いのち愛づる生命誌」(全8巻)遂に発刊!  推薦のことば 加古里子 髙村薫 舘野泉 松居直 養老孟司 12歳のあなたへ 中村桂子 […]

『機』2018年9月号

目次 前号   次号 俳人金子兜太の思想を探る“生きる勇気が湧く”雑誌、創刊! 編集顧問のことば 瀬戸内寂聴 ドナルド・キーン 芳賀徹 藤原作弥 創刊のことば 黒田杏子 筑紫磐井 「ふるさとの森を、ふるさとの木で!」を、 […]