フェルナン・ブローデル 略年譜・著書

略年譜
1902年 8月24日、フランス北東部のムーズ県リュメヴィル・アン・オルノワに生まれる。(小学校でジャン・ギャバンと同級生だった。)
1922年 歴史学のアグレガシオン〔高等教育教授資格試験〕合格。当時フランスの植民地だったアルジェリアのコンスタンティヌ高校に赴任。
1923年 ライン川占領軍にて兵役。
1932年 アルジェリアを去り、パリのアンリ四世高校で教える。
1935年 ブラジルのサンパウロ大学教授に就任。
1937年 高等研究院第四部門で「歴史文献学」担当に任命される。(この年、リュシアン・フェーヴルと同じ船に乗り合わせる。ブローデルの人生における決定的な出会いとなる。)
1938年 アルプス山脈の前線に動員される。
1939年 マジノ線の前線に動員される。(~1940年)
1940年 7月にドイツ軍の捕虜となり、二年間マインツで、次いでリューベックで終戦まで捕虜生活を送る。この間、もっぱら記憶だけを頼りに、マインツで書き始めた博士論文『地中海』をリューベックで書き上げる。(1945年5月)
1947年 Annales d’histoire économique et sociale『アナール』誌の編集長に就任。(~1968年)
博士論文『フェリーペ二世時代の地中海と地中海世界』(『地中海』)の学位審査に合格。
1949年 リュシアン・フェーヴルの後任としてコレージュ・ド・フランス教授に選ばれる。(~1972年まで在任)
La Méditerranée et le monde méditerranéen à l’époque de Philippe II(初版)『地中海』を自費出版。
1956年 シャルル・モラゼと創設した高等研究第6部門の部長を務める。(~1972年まで在任)
1958年 『アナール』誌に論文La longue durée「長期持続—歴史と社会科学」を発表。(~1972年まで在任)
1963年 人間科学館を創設し、館長をつとめる。(~1972年まで在任)
1966年 La Méditerranée et le monde méditerranéen à l’époque de Philippe II(第二版)『地中海』(全5巻、藤原書店、1991-1995年、藤原セレクション・全10巻1999年、普及版・全5巻2004年)
1979年 Civilisation matérielle, économie et capitalisme, xve et xviiie siècles 1. Les Structures du quotidien – 2. Les Jeux de l’échange – 3. Le Temps du monde, Paris, Armand Colin『物質文明・経済・資本主義 1・2・3』(みすず書房、1985~1999年)
1984年 アカデミー・フランセーズ会員に選ばれる。
1985年 11月28日。サヴォワにて死去。享年83歳。
著書