9/25毎日新聞で『ヒロシマの『河』』が大きく紹介されました

9/25『毎日新聞』の「記者の目」欄に、元田禎記者(広島支局)による「原爆は絶対悪 訴え続ける人々 核の悲劇、群像劇は問う」が掲載され、土屋時子・八木良広編『ヒロシマの『河』――劇作家・土屋清の青春群像劇』が大きく取り上 […]

9/24毎日新聞で後藤新平『国難来』が紹介されました

9月24日『毎日新聞』の「火論」欄「後藤新平「国難」の写し絵=玉木研二」で、後藤新平『国難来』が紹介されました。(当該部分は有料記事) 95年前、後藤新平が東北帝国大学の学生に、国難を説き、語り掛けた状況が、写し絵のよう […]

8/25『産経新聞』にて、海上雅臣著『現代美術茶話』紹介!

8/25『産経新聞』にて、海上雅臣著『現代美術茶話』が紹介されました! 「著者は孤高の前衛書家、井上有一(1916~85年)の仕事を顕彰し、国際的な評価につなげた美術評論家。(…)国際芸術祭、美術市場、展覧会評、美術館学 […]

8/18毎日新聞で別冊『環』25「日本ネシア論」紹介

8月18日の『毎日新聞』書評欄の「MAGAZINE」欄で、別冊『環』25「日本ネシア論」が紹介されました。 「海域の周縁を見る目、あるいは周縁からのまなざしは、世界が島の集まりという視点を提供し、さらに島としての世界にお […]