エミール・ゾラ

エミール・ゾラ(Émile Zola、1840-1902)

1840~1902年。フランスの自然主義文学者。22歳ごろから小説や評論を書き始め、また美術批評の筆も執り、マネを擁護した。1871年、ライフワークたる「ルーゴン・マッカール叢書」第1巻『ルーゴン家の繁栄』を出す。自然主義文学の総帥として論陣を張り、『実験小説論』(1880年)を書いた。プルードン、マルクスらを読み、社会主義にも関心を示している。ドレフュス事件ではドレフュスを擁護し、「われ弾劾す」という公開状を発表、そのため、イギリスへの亡命を余儀なくされた(1898年)。翌年6月に帰国、空想社会主義的な『豊穣』『労働』などを書いたが、1902年9月29日、ガス中毒により急死。遺骸は1908年にパンテオン廟に葬られた。
 彼は小説家は主観を排し、試験管の中の物質の化学反応を見る科学者の眼で、社会環境という試験管の中に投げこまれた人間が、その遺伝素質に従ってどのように変化するかを観察すべきだ、と考えていた。しかし実作においては彼の想像力は理論や法則をこえ、19世紀後半のフランス社会、とくに下層労働者の生活、群衆の姿、あるいは破壊的要素としての性衝動などをみごとに描き出している。