現状を予見したかのような王力雄『セレモニー』緊急重版――コロナ禍の北京オリンピックはどのような結末を迎えるのか?

先日、『日本経済新聞』の第一面のコラム「春秋」で王力雄氏の『セレモニー』が「現状を予見したかのような恐るべき小説」として紹介されました。 世界では新型コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン株が猛威を振るい続けてい […]

『機』2022年1月号

  前号    次号   社主の出版随想 ▼新しい年の幕開けである。年が改まるということは何とも気持ちの良いものである。昨年も多くの知己や師との別れがあったが、又新しい出会いもあった。「人生は、一期一会」と、1 […]

1/7『読売新聞』読書委員が選ぶ「2021年の3冊」で中村桂子著『 生る――宮沢賢治で生命誌を読む』と中村良夫著『風土自治――内発的まちづくりとは何か』が取り上げられました

1月7日、『読売新聞』読書委員が選ぶ「2021年の3冊」で梅内美華子氏(歌人)により、中村桂子著『 生る――宮沢賢治で生命誌を読む』が、小川さやか氏(文化人類学者・立命館大教授)により中村良夫著『風土自治――内発的まちづ […]

【お詫び】FAXが受信できなくなっています(→復旧)

日頃より大変お世話になっております。 12月31日昼過ぎ頃から、ファックスが受信できなくなっておりましたが、 受信できるようになっています。 ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした。 2022年1月3日 藤原書店

第17回「河上肇賞」選考結果

本年の第17回「河上肇賞」(主催・藤原書店)は、 8月末の応募〆切ののち厳正なる選考を進めた結果、今回は、残念ながら「本賞」「奨励賞」とも「該当作無し」となりました。 なお、「河上肇賞」は、今回をもって終了となります。 […]

『機』2021年12月号

  前号    次号   社主の出版随想 ▼今年も余すところひと月を切った。コロナ禍の中、今年も終わりそうだ。国家も国民もコロナという病いに罹っているのが少し気になるが。今や死語になっている“衛生制度”“衛生国 […]

【冬季休業のお知らせ】12/29~1/4休業致します

誠に勝手ながら、小社では 2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火) を全社年末・年始一斉休業とさせていただきます。 何かとご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 株式会社 藤原書店