サイトをリニューアルしました!5秒後に移動します。
http://www.fujiwara-shoten.co.jp/main/
  logo
  新たな戦略と思想を考える
株式会社 藤原書店
〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町523
TEL: 03(5272)0301
FAX: 03(5272)0450
 
 
TOP NEWS

2006年ノーベル文学賞受賞
オルハン・パムク

5/14〜5/21 
来日!






 ・7/12(土) 午後1時30分〜
      〈2008年度「後藤新平の会」シンポジウム〉
      国家を超える 【21世紀と後藤新平Part4】

詳しくはこちら



 ・7/11(金) 午後6時30分〜
      〈シンポジウム〉今、なぜ榎本武揚か

詳しくはこちら



 ・6/19(木) 午後6時30分〜
      海霊の宮――石牟礼道子の世界

詳しくはこちら



・第3回「河上肇賞」受賞作決定!

  詳しくはこちら




生誕150周年
後藤新平

〈決定版〉正伝 後藤新平』
(全8巻・別巻一)
毎日出版文化賞
企画部門受賞!



〈決定版〉正伝 後藤新平(全8分冊・別巻一)
 本巻8分冊完結!
  現在、全8分冊特製set箱入で販売中です。


※「後藤新平の会」HPはこちら




●更新履歴 What's New

6/12---「催し物のお知らせ」を更新しました。

5/27---5月の新刊を更新しました。

11/6---「河上肇賞」を更新しました。

●2008年5月の新刊 
書名をクリックすると説明が表示されます
●中国古典文学の第一人者の50年にわたる著作を集成
A 陶淵明を語る
〈月報〉加藤周一/興善宏/彭佳紅/林香奈

四六変上製クロス装 472頁  6825円
●「東」と「西」の接点から見えてくるもの。

別冊『環』Vol.14


澁澤幸子/永田雄三/三木亘/岡田明憲/鈴木董/内藤正典/坂本勉/設楽國廣/三宅理一/ 長場紘/山下王世/安達智英子/横田吉昭/細川直子/新井政美/浜名優美/陣内秀信/三沢伸生/高橋忠久/ 三杉隆敏/牟田口義郎/庄野真代ほか


菊大判 296頁  3360円
●あの光州事件は、まだ終わっていない。
光州の五月
宋基淑
金松伊訳

四六上製 408頁  3780円
●20世紀とは、いかなる時代だったか?
A・バディウ
長原豊・馬場智一・松本潤一郎訳

四六上製 400頁  5040円
●サンド代表作の本邦初訳!!
ジョジュ・サンドセレクション
B 歌姫コンシュエロ
愛と冒険の旅
持田明子・大野一道監訳

四六変上製 744頁  4830円
●障害をもつお子さんのお母さん、お父さんへ――
「シーティング」で変わる障害児の未来
山崎泰広

四六並製 248頁  1980円
●「食」と「生命」への根源的脅威
新・環境学 現代の科学技術批判
U 地球環境/第一次産業/バイオテクノロジー
市川定夫

四六並製 304頁  2730円
●2008年4月の新刊 
書名をクリックすると説明が表示されます
●あれから40年。1968年とは、何だったのか?

学芸総合誌
季刊

(KAN)
【歴史・環境・文明】
Vol.33


A・バディウ/I・ウォーラーステイン/O・パス/C・フエンテス/谷口侑/板垣雄三/伊藤孝之/川満信一/針生一郎/御厨貴/粕谷一希/中村桂子/渡辺京二/宇野重規/井上泰夫ほか


菊大判 360頁  3360円
●社会科学と詩人の言葉のバトル

谷川俊太郎・内田義彦

B6変上製 256頁  2310円
●近代日本随一の国際人!

榎本隆充・高成田享編

A5並製 344頁  3465円
●「歴史学」が明かしえない、「記憶」の継承の真実。
場所・身体・時間
赤坂憲雄・玉野井麻利子・三砂ちづる

四六上製 208頁  2100円
●放送界の秘話の数々
わが回想の九〇年
長澤泰治

四六上製 296頁  2100円
  
●2008年3月の新刊 
書名をクリックすると説明が表示されます
●「環境学」から「新・環境学」へ。
新・環境学 現代の科学技術批判
T 生物の進化と適応の過程を忘れた科学技術
市川定夫

四六並製 240頁  1890円
●この男の歴史的価値を、決定づけた書。

A・ブラウン
小泉直美・角田安正訳

A5上製 768頁  7140円
●特定の“場所”においてこそ自然―人間の関係がある!
環境文学とは何か
生田省悟/村上清敏/結城正美編

四六上製 352頁  3940円
●WTO、FTAの中で、東アジアの農業に未来はあるか
日・中・韓・台の比較
原剛・早稲田大学台湾研究所編

四六上製 375頁  3465円
●好評刊行シリーズ! 
書名をクリックすると説明が表示されます
石牟礼道子全集
不知火


ことばの奥深く潜む魂から
“近代”を鋭く抉る、 鎮魂の文学


「いま『ひとの情け』という言葉を
穢土を照らす光のように発することができるのは、
石牟礼道子さんだけだろう」(五木寛之氏)


後藤新平生誕150周年記念大企画

後藤新平の全仕事

知られざるその業績の全貌を
今明らかに


「余りに早すぎたが故に後藤の活動は、
歴史の中に吟味もされず封印されてしまった。
今こそこの根本資料をあけよう」(御厨貴氏)



ジョルジュ・サンド
セレクション



自由を生きた女性、サンド

文学者から芸術家、政治家まで、
その幅広い交流と驚くほど総合的な視野から
19世紀を全く新しい目でとらえなおす。