2010年04月01日

『機』2010年4月号

目次

前号   次号

邦訳不可能といわれた大作、遂にその全貌現わる。
ミシュレ『フランス史』の全体像 大野一道+立川孝一

『環』41号〈特集・「日米安保」を問う〉
列島人の愚行、錯誤そして自殺 西部邁

アジアの視点から観た日米安保 鄭敬謨

日本の読者へ 劉霞

幕末から平成まで、日本人の遺書一〇〇通を集成
幸徳秋水 合田一道

16世紀地中海を跋扈した大海賊の生涯。トルコ現代文学の話題作!
改宗者クルチ・アリ 和久井路子

人間性の根元を成す「人道」を理念として活動する、「赤十字」とは?
「赤十字」とは何か 小池政行

リレー連載・今、なぜ後藤新平か 55
後藤新平と小沢一郎 山田孝男

リレー連載・いま「アジア」を観る 87
アジアは大きな市場 高安正勝

連載・『ル・モンド』紙から世界を読む 85
病める国 フランス 加藤晴久

連載・女性雑誌を読む 24
前期『女人芸術』(五) 尾形明子

連載・生きる言葉 36
戦争文学と歴史認識 粕谷一希

連載・風が吹く 26
夏彦を囲む会――山本夏彦氏5 山崎陽子

連載・帰林閑話 184
加藤周一と漢詩文 一海知義