2018年02月01日

『機』2018年2月号

目次

前号   次号

プーチンを人間・内政・外交面から追究した三部作の完成!
プーチンとは何者か? 木村汎

日本仏教界に燦然と輝く空海の生涯を描いたわが国初の本格的「釈伝」
『釈伝 空海』を著わして 西宮紘

中国古典や生物学・人類学を横断し、詩の根源に迫る!
詩の根源へ 飯塚数人

第二次世界大戦で、最も重要な役割を務めた指導者たちの裏の物語
奇妙な同盟 河内隆弥

連載 金時鐘氏との出会い1
“何があっても生き抜くのだ” 河津聖恵

〈リレー連載〉近代日本を作った100人47
埴原正直――人種差別と闘った外交官 チャオ埴原三鈴

〈連載〉今、世界は〔第Ⅳ期〕10
新井白石とCinaと支那 平川祐弘

〈連載〉沖縄からの声〔第Ⅲ期〕11
中国文化の影響 大城立裕

〈連載〉『ル・モンド』から世界を読む〔第Ⅱ期〕18
四分に一人 加藤晴久

〈連載〉花満径23
大君の側に死ぬ 中西進

〈連載〉生きているを見つめ、生きるを考える35
脳科学から人間の「意識」にどう近づくか?② 中村桂子

〈連載〉国宝『医心方』からみる11
ナマコの文化史と効能 槇佐知子