2015年11月01日

『機』2015年11月号

目次

前号   次号

戦後文学の巨人、野間宏がめざしたものとは?
文学の再生へ 黒井千次

時代を予見する「文学の力」 富岡幸一郎

ソ連崩壊、米金融破綻を予言したトッドとは何者か?
私を形成したもの E・トッド

分裂した近代日本の対中観を、いかにしてのり越えるか!
近代日中関係の旋回 王柯

龍馬の遺言 小美濃清明

まなざし 鶴見俊輔

〈短期連載・小特集〉戦後70年に、憶う4
もう70年 三浦朱門

竹内浩三を殺した戦争を憎む 野上照代

「生きたくば蟬のよに鳴け八月は」 早坂暁

〈リレー連載〉近代日本を作った100人20
大久保利通――近代化政策の推進者 大久保利𣳾

〈連載〉今、世界は〔第Ⅱ期〕8
日中関係と国際的ビジョン 小倉和夫

〈連載〉生きているを見つめ、生きるを考える8
タコがすごい! 中村桂子

〈連載〉ちょっとひと休み32
本と私(5)本から舞台へ 山崎陽子

〈連載〉女性雑誌を読む91
堺利彦と野依秀一――『女の世界』(45) 尾形明子

〈連載〉『ル・モンド』紙から世界を読む152
ワリ・モハムマディの警告 加藤晴久

〈連載〉沖縄からの声5
辺野古は「日本の問題」か 川満信一