2014年06月01日

『機』2014年6月号

目次

前号   次号

その実像を描きえた唯一の伝記。比類なき精神は、どのように生まれたか。
世界精神マルクス ジャック・アタリ

現代に生きるわれわれは、後藤新平に何を思い、何を託すのか。
時代が求める後藤新平 青山佾

文学とは何かを問い続けてきた韓国を代表する批評家、日本初紹介。
闘争の詩学 金明仁

真の人間を描きぬいたゴッホの人と画を、弟テオ宛の書簡から読み解く。
書簡で読み解くゴッホ――逆境を生きぬく力―― 坂口哲啓

「匿名者の日常史」としての教育史を、いかに創るか?
フィリップ・アリエスとの出会い 中内敏夫

〈リレー連載〉近代日本を作った100人3
井上毅――明治国家のグランドデザインを描く 松本健一

〈リレー連載〉今、世界は3
インドは歴史のない文明 岡田英弘・宮脇淳子

〈連載〉『ル・モンド』紙から世界を読む135
地政学の犠牲 wagyu 加藤晴久

〈連載〉女性雑誌を読む74
「新しき女」松井須磨子――『女の世界』(28) 尾形明子

〈連載〉ちょっとひと休み15
最初で最後の「女狂言」(1) 山崎陽子

〈連載〉生命の不思議3
池の中の生きものたち 大沢文夫

〈連載〉帰林閑話230
日本人の苗字 一海知義

イベント報告 戦争や差別に毅然と立ち向かってきた岡部伊都子さんの七回忌
第6回伊都子忌(4月29日 於・京都 紫明 卯菴) 多田和子

イベント報告 『資本論』にハムレットの“悶え”があった!と看破した野心作
鈴木一策著『マルクスとハムレット』出版記念の夕べ(5月20日 於・きよ香)