1998年06月01日

『機』1998年6月号

目次

前号   次号

江戸期、文芸界で活躍した五十余名を鳥瞰するわが国初の労作! 「江戸時代にも女流文学はあった」
新鮮にして細緻  佐伯彰一

江戸期に生きた女の世界を知る鍵  パトリシア・フィスター

女にとって、文学とは何だったのか  田中優子

最高の伝記作家=歴史家によるフランスの大ベストセラー、遂に完訳!
タレラン――尽きせぬ興味の人間像  宮澤 泰

緊急出版『環境ホルモンとは何か』に想う 1
「環境ホルモン」問題で考えること  柴谷篤弘

緊急出版『環境ホルモンとは何か』に想う 2
素人にもよくわかる入門書にして専門書  増田れい子

連載・人間・鶴見和子 8
電撃的女学者  ロナルド・A・モース

連載・〈往復書簡〉バルザック「人間喜劇」をめぐって 20/span>
「家事奉仕人」と「社交奉仕人」鹿島 茂

連載・文壇畸人列伝 5
ナマケ者の出処進退  ──広津和郎──  石田健夫

リレー連載・いのちの叫び 2
少年期の私の……  森崎和江

連載・帰林閑話 51
放哉三十三回忌   一海知義

リレー連載・取次・書店からの提言 50
地域文化発展の旗艦店めざして  片山康治(精文館書店本店)