ジャンル別目録


社会学

ポスト・アメリカ
世界システムにおける地政学と地政文化

商品の詳細

ポスト・アメリカ

  • イマニュエル・ウォーラーステイン
  • 丸山勝訳
  • 四六上製 392ページ
    ISBN-13: 9784938661328
    刊行日: 1991/9
  • 定価: 3,996円

激動の現代世界を透視する

「地政文化(ジェオカルチャー)」の視点から激動の世界=史的システムとしての資本主義を透視。89年はパックス・アメリカーナの幕開けではなく終わりである、冷戦こそがパックス・アメリカーナであったと見る著者が、現代を世界史の文化的深層から抉る。

購入数:

目次

〈特別寄稿〉
アメリカの花道 ―― 湾岸戦争をめぐって
はじめに ―― 1980年代の教訓

第 I 部  地政学 ―― ポスト・アメリカの世界

 1 衰退する北大西洋主義
 2 レーガンの擬似革命 ―― アメリカの限られた選択
 3 日本と世界システムの将来の軌道 ―― 歴史から教訓を学べるのか
 4 欧州の統合と国家間システムへの含意
 5 1968年 ―― 世界システムにおける革命 命題と設間の形で
 6 マルクス、 マルクス・レーニン主義、 近代世界システムにおける社会主義の経験
 7 ブラント報告
 8 世界システムにおける危機の類型分析
 9 資本主義世界経済 ―― その中期的展望

第 II 部 地政文化 ―― 地政学の内面

10 民族的・国際的アイデンティティと国家間システム
11 近代世界システムのイデオロギー闘争の場として見た文化
12 民族性と普遍性 ―― 世界文化なるものが存在しうるか
13 「南部」 の文化が意味するもの
14 文明としての近代世界システム
15 蘇る文明への関心


原 注
訳者あとがき