ジャンル別目録


文学

能の見える風景

商品の詳細

能の見える風景

  • 多田富雄
  • B6上製 192ページ
    ISBN-13: 9784894345669
    刊行日: 2007/4
  • 定価: 2,376円

能の現代性とは何か

脳梗塞で倒れてのちも、車椅子で能楽堂に通い、能の現代性とは何かを問い続ける一方、新作能作者として『一石仙人』『望恨歌』『原爆忌』『長崎の聖母』など、現代が抱える問題を最深部から結晶化させる作品を生み出す。作り手と観客という両面から能の現場にたつ著者の、能をめぐる思考の集成。

購入数:

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。


目次

はじめに ――異界からの使者たち

I  能の見える風景

薪能の不思議
能と霊魂
聖女小町
『朝長』 の現代性
エコロジーの神遊 ――『三輪』 の謎をめぐって
『姨捨』 の問いかけたもの
脳の中の能面の話 ――鼻欠けの 「深井」
新作能 『一石仙人』
新作能 『原爆忌』 ――第61回原爆忌に寄せて
新作能 『長崎の聖母』
浅見真州の物語性の造形
能楽21世紀の観点
能楽学会に望むこと


II  能 評

興福寺勧進能 『海士』 ――鮮やかな場面転換の連打
興福寺勧進能 『景清』 ――障害者の矜持と失意の心理劇
新作能 『不知火』 ――能を超えた能
興福寺勧進能 『井筒』 ――男女を超えた不思議な情念
『紅天女』 ――現代人に感銘を与える能とは
『朝長』 ――悲劇の貴公子、 反戦の哀歌
『定家』 ――個性ぶつかる気迫の舞台
新作能 『利休』 ――能で哲学を語る難しさ
興福寺勧進能 『隅田川』 ――鎮魂の感動をいかに描くか
狂言 『釣狐』 ――名人をもしのぐ狐役者の誕生


III 去りしひとに

白洲正子さんのお能の実力
白洲さんの心残り
山姥の死 ――鶴見和子さん


おわりに

初出一覧

関連情報