ジャンル別目録


文学

ペナック先生の愉快な読書法
読者の権利10ヵ条

商品の詳細

ペナック先生の愉快な読書法

  • ダニエル・ペナック
  • 浜名優美・木村宣子・浜名エレーヌ訳
  • 四六並製 216ページ
    ISBN-13: 9784894345416
    刊行日: 2006/10
  • 定価: 1,728円

本ぎらいのあなたに贈る

■フランスのベストセラー作家による、ありそうでなかった“読書術”!■“デキの悪い”高校生が、読書によって豊かな人生を歩むには?■お話に興味を持ちはじめた子どものお母さん、お父さんから、学生が本を読まないとグチをこぼしている先生まで。■小説のように、ユーモアたっぷりに書かれた、本ぎらい のあなたに優しく語りかける魔法の本!
リンボウ先生が激賞

購入数:

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。



目次

I  錬金術師としての読者の誕生

「読む」 という動詞は命令形には耐えられない。 親が子どもに物語を読み聞かせる。
15分の自由、 読書。 テレビと読書。 若者は本を読むのが好きではない。 読書は贈り物。
無償の行為。 文字の発見。 ルソーとヴァレリー。 子どもはよい読者。リズムは人それぞれ。
読書の喜び。 声に出してひたすら読む。 再読は愛情の証拠。


II  本を読まなければならない  (教義)

思春期。 義務としての読書のつらさ。 『ボヴァリー夫人』。 親と先生。 本を読む必要。
高校生は本を読まない。 試験のために読む。 学校の役割 ―― 読む楽しみを禁じる。
母が本を読んでくれる。 人生を愛させる 読書は反抗の行為。 世界の悪と本。
作品の力。 教室での朗読 ―― 贈り物、先生の書物への情熱。 小説は口承から始まる。
本はわたしのために書かれている。


III 本を読みたい気持ちにさせる

35人の高校生。 出来の悪い生徒。 100%読書が嫌い。 黙読させず教師が教室で小説を朗読する。
時速40ページ。 1年に1,000ページの本が7冊。 ジュースキント 『香水』。
小説はまず何よりも作り話である。 本との和解に教師が寄与する。 持続。 孤独な読書。
読書の時間 ―― 盗まれた時間。 地下鉄 ―― 最大の図書館。 人生の時間を広げる。
読者としての幸福 学校教育と文化の混同。 読みたかったら読む。


IV  読者の権利10ヵ条  (あるいは読者が絶対に持っている権利)

1   読まない権利 (1ヵ条)
2   飛ばし読みする権利 (2ヵ条)
3   最後まで読まない権利 (3ヵ条)
4   読み返す権利( 4ヵ条)
5   手当たり次第に何でも読む権利 (5ヵ条)
6   ボヴァリズムの権利  (小説に書いてあることに染まりやすい病気) (6ヵ条)
7   どこでも読んでいい権利 (7ヵ条)
8   あちこち拾い読みする権利 (8ヵ条)
9   声に出して読む権利 (9ヵ条)
10 黙っている権利 (10ヶ条)


訳者あとがき