ジャンル別目録


『環――歴史・環境・文明』

〔学芸総合誌・季刊〕 環 Vol.24
〈特集〉アメリカをどう見るか――日本の常識・世界の非常識/二・二六事件とは何だったのか

商品の詳細

〔学芸総合誌・季刊〕 環 Vol.24

  • 菊大並製 448ページ
    ISBN-13: 9784894344938
    刊行日: 2006/01
  • 定価: 3,456円

新しい時代に向けてトータルな知の総合を企図する学芸総合誌

購入数:

目次

[特集]アメリカをどう見るか 日本の常識・世界の非常識



〈特別インタビュー〉アメリカニズム以後――「親米VS反米」の終焉
エマニュエル・トッド

〈座談会〉今、日本はアメリカにどう向き合うべきか
伊勢﨑賢治+榊原英資+西部邁+小倉和夫

〈インタビュー〉
 二つの普遍主義的国民同士の衝突 〔フランスから見たアメリカ〕

A・カスピ

米仏関係
山口昌子

日本と英国 〔困難な時代における米同盟国としての類似性〕
W・ホーズリー

ドイツ・カナダからの教訓 
新川敏光

「機会の平等」という夢 〔アメリカの市場主義と対抗モデル〕
宮本太郎

新ポーランドから見たアメリカ 〔「二国間関係」のみでは見えないもの〕
仙石学

アメリカは、ロシアでどう見られているか
木村汎

背を向けつつある親米国家トルコ
和久井路子

反テロ戦争体制から脱け出すには
板垣雄三

アラブ世界のアメリカ観 〔分裂感情の輻輳〕
北村文夫

アメリカ覇権の現状とその行方 〔中国の国際政治学者が見たアメリカ〕
時殷弘

中国国民のアメリカ認識の歴史的変遷
〔「天道」を行く者は私欲を持つべからず〕

王柯

中国の対米イメージ
青山瑠妙

ヴェトナムはアメリカをどう見ているか 
坪井善明

TLCAN(NAFTA)の十二年はメキシコに何をもたらしたか
北條ゆかり

国際保健におけるアメリカ 〔プライマリーヘルスケアを例として〕
三砂ちづる

アルゼンチンの場合 〔二つの対米観と外交〕
松下洋

世界帝国アメリカのを問う
鄭敬謨

アメリカの背中
川満信一

「アメリカ」とアメリカ、「日本」と日本 
玉野井麻利子



〈小特集〉『正伝 後藤新平』を読む
御厨貴/清水唯一朗/今津敏晃/村井良太/西川誠/千葉功/牧原出/中澤俊輔/若月剛史/佐藤健太郎/土田宏成



[特集]二・二六事件とは何だったのか

〈インタビュー〉二・二六事件とは何だったのか
御厨貴

世界は二・二六事件をどう報道したか
アメリカ/イギリス/フランス/ドイツ/ソ連/中国

同時代人が見た二・二六事件
三宅雪嶺/西田幾多郎/与謝野晶子/河上肇/緒方竹虎/河合栄治郎/三木清/昭和天皇

ゾルゲが目撃した二・二六前夜
篠田正浩

「改造」運動の中の二・二六事件
伊藤隆

今こそ創られた「神話」からの脱却を 
須崎愼一

世相から見た二・二六事件
古川隆久

テロリズムと経済政策のレジーム転換
田中秀臣

もうひとつの二・二六事件
保阪正康

「戦争への道」を二・二六事件で説明するなかれ
北博昭

二・二六事件と日本陸軍の闇
中田整一

「正気」の発現
新保祐司

反乱する心情
渡辺京二



第一回 河上肇賞 受賞作決定

〈インタビュー〉 
「フランス暴動」をどう考えるか
宇野重規

<><>
《連載》

●鶴見和子の言いたい放題 その7
 「不戦」の誓い
鶴見和子


●榊原英資が世界を読み解く 第8回
 中国経済の今後
榊原英資

●反哲学的読書論 6
 朝陽門外は我が墳墓の地
【清水安三『朝陽門外』】

子安宣邦


  巻頭短歌 鶴見和子  巻末俳句 石牟礼道子