ジャンル別目録


歴史

食の歴史Ⅰ
全三巻

商品の詳細

食の歴史Ⅰ

  • J‐L.フランドラン, M.モンタナーリ,
  • 宮原 信・北代 美和子 (監訳)、菊地 祥子・末吉 雄二・鶴田 知佳子(訳)
  • A5上製 432ページ
    ISBN-13: 9784894344891
    刊行日: 2006/1
  • 定価: 6,480円

西洋の食の歴史を俯瞰する記念碑的大著

食は歴史学のマイナーな1分野ではなく、そこに現れるのは西洋史の根幹部分である。食に関わるすべての今日的問題を考える上での必須の基礎文献。第1巻では、食をめぐる人間と動物の違いから、古代・中世初期までを追う。

購入数:

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。


目次


序 論


用語解説 (北代美和子)


第1部 先史時代と古代文明

食行動の人間化 (J-Lフランドラン)

食物 / 料理 / 食卓の共有

第1章  先史時代の食料獲得戦略  (C・ペルレス)

化学で探る先史時代の食べ物 / 最初のヒト科動物 ―― 彼らは執拗な狩人か、 それとも腐肉あさ
りか
/ 最初のヒトの名誉回復 / 不特定の獲物を対象にした狩人の発展 / 後期旧石器時代と
大仕掛けの特定動物猟の普及 / ヨーロッパの中石器時代――摂取食物の極度の多様化 / 農耕
と牧畜―― 狩猟採集からの解放か、 それとも新しい問題か / 料理の起源には象徴的なものが
ある

第2章  初期文明における宴会の社会的役割  (F・ジョアネス)

私人の宴会 / 王の宴会 / 宗教儀式としての宴会

第3章  古代エジプトの食文化

穀物・パン・ガレット・菓子 / ビール / 菜園・果樹園・ブドウ園 / 肉と乳製品 / 魚類 / ハチミツ
・調味料・食用スパイス / 食堂と調理場 ―― 調理場の労働者 / ガストロノミーと医療のあいだ

第4章  聖書の道理  ―― ヘブライの食物戒律 (J・ソレール)

食べてもよい動物 / 世界の秩序の名において / 原初のまま / 豚、 怪しい動物 / 血の禁忌

第5章  フェニキア人とカルタゴ人  (A・S・ジャンメッラーロ)

フェニキアの農耕と農産物 / カルタゴの食料資源 / 食品の調理と消費


第2部 古典世界

食のシステムと文明のモデル  (M・モンタナーリ)

いっしょに食べる / ……そして人間は、 自らのための植物を、 動物を作った / 「火を通したも
の」 と 「生のもの」 / 都市と農村 / ある様式の危機

第6章  肉とその儀式  (C・グロッタネッリ)

パンと肉 / 食べてはいけない肉 / 生贄のシステム / 生贄に伴う共餐とそれを拒否する宗教集
団 / ローマ世界 / 犠牲供犠の危機 / 犠牲供犠の存続 / 東方のキリスト教徒達

第7章  ギリシアにおける都市と農村  (M-C・アムレッティ)

農耕地の風景 / 食材の生産者は誰か? / ギリシア人はなにを飲み食いしたか? / 農村の食
料・都会の食料

第8章  ギリシア市民社会での儀式としての共同食事  (P・S=パンテル)

人間の宴会 / ギリシア人の宴会 / 都市国家市民達の宴会

第9章  シュンポシオン (饗宴) の文化  (M・ヴェッタ)

男達の集まり / 不動の作法 / シュンポシオンの象徴としての機能 / シュンポシオンと詩

第10章 エトルリア人の食生活  (G・サッサテッリ)

穀物 / マメ類 / ブドウとオリーヴ / 狩猟と牧畜 / 漁 / 料理と共同の食事

第11章 ローマ人の食と食事の文法  (F・デュポン)

ローマ人にとっての 「正しい」 食 / ローマ人の食べ物の種類分け ―― 大地の実りと獣の群れ /
ローマ人の食事 ―― 食品摂取の場と姿

第12章 ソラマメとウツボ  ―― ローマにおける食べ物と社会階層 (M・コルビエ)

生産と配分 / 食の領域 / エリート階層の料理と人付き合い / 粗食という理想

第13章 政治的理由  ―― 都市国家の言い分 (P・ガーンジイ)

古代における食料供給と政治的コンセンサス / 国家の制度 / 恩恵施与の慣行 / ローマにおけ
る食料補給と政治 / 農民の状況

第14章 古代世界における食と医療  (I・マッツイーニ)

栄養と食 / 均衡としての健康 / 飲食物の自然の性質・人工的性質

第15章 他者の食べ物  (O・ロンゴ)

人間と神々 / 食と生活様式


第3部 古代末期から中世初期  ―― 5世紀―10世紀

ローマ人・蛮人・キリスト教徒  ―― ヨーロッパの食文化の黎明 (M・モンタナーリ)

第16章 中世初期の生産構造と食生活  (M・モンタナーリ)

変化に富んだ食 / ブドウ畑とワイン / 穀物とマメ類 / 野菜 / 料理 / 安定したシステム

第17章 農民・戦士・聖職者  ―― 社会的ステイタスと食生活のスタイル (M・モンタナーリ)

肉・体力・権力 / 働くことと戦うこと / 人の身分・人物の品 / 権力と慎ましさ / 「謙遜」 と権力
者達の生活様式

第18章 「食べれば食べただけ義理が生じる」  ―― 会食・宴会・祝祭 (G・アルトホフ)

会食は集団生活、 社会生活の中核 / いっしょに食べ、 飲む / コンヴィヴィウムから宮廷風祝
祭へ


原注及び参考文献
原タイトル一覧
執筆者紹介