ジャンル別目録


哲学・思想

金時鐘詩集選 境界の詩
猪飼野詩集/光州詩片

商品の詳細

金時鐘詩集選 境界の詩

  • 金時鐘
  • 〔解説対談〕鶴見俊輔・金時鐘
  • A5上製 392ページ
    ISBN-13: 9784894344686
    刊行日: 2005/8
  • 定価: 4,968円

70~80年代の二大代表作が、今鮮明に甦る!

73年2月を期して消滅した大阪の在日朝鮮人集落「猪飼野」をめぐる連作詩『猪飼野詩集』、80年5月の光州事件を悼む激情の詩集『光州詩片』――在日朝鮮人である詩人が「支配者の言語」で綴った、日本国、日本語への報復の詩集。

購入数:

目次

I 猪飼野詩集

見えない町
うた ひとつ
うた ふたつ
うた またひとつ
寒ぼら
日日の深みで (一)
日日の深みで (二)
朝鮮辛報  ―― この届くことのない対話
朝鮮瓦報  ―― この置き去られる遺産
イカイノ トケビ
日日の深みで (三)
果てる在日 (一)
果てる在日 (二)
果てる在日 (三)
果てる在日 (四)
果てる在日 (五)
いぶる
夏がくる
影にかげる
それでも その日が すべての日
イルボン サリ

へだてる風景
朝までの貌

〈跋〉 言葉の元手  安岡章太郎
あとがき


II 光州詩片

I


ほつれ
遠雷
まだあるとすれば

II

褪せる時のなか
この深い空の底を


噤む言葉 ―― 朴寛鉉に

浅い通夜
冥福を祈るな

III

そうして、 今
三年
距離
狂う寓意
めぐりにめぐって
心へ
日々よ、 愛うすきそこひの闇よ

〈解説〉 「光州事態」 と 「在日」  三木卓
あとがき


III 〈対談〉  戦後文学と在日文学
鶴見俊輔
金 時 鐘

I  「抒情が批評である」
II  言葉は移民によってもたらされる
III  国語なんて迷妄
IV 戦後文学と在日文学

〈補〉 鏡としての金時鐘  辻井 喬
   日本の詩への、 私のラブコール  金 時 鐘

あとがき