ジャンル別目録


歴史

中世とは何か

商品の詳細

中世とは何か

  • ジャック・ル=ゴフ
  • 池田健二・菅沼潤訳
  • 四六上製 320ページ
    ISBN-13: 9784894344426
    刊行日: 2005/3
  • 定価: 3,564円

「ヨーロッパ」と「近代」の起源

商業・大学・芸術の誕生、時間観念の数量化、ユダヤ人排斥など、近代西洋文明の基本要素は、中世に既に形成されていた。「中世からルネサンスへ」という時代区分の通念を覆し、「中世」「近代」「ヨーロッパ」を語り尽くす。

購入数:

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。


目次

I  中世史家になる

『アイヴァンホー』 の森から
暗黒の中世と黄金の中世
過ぎ去ったものたち
歴史学のほうへ
歴史家と原史料 ―― 文書史料の変還
考古学史家、 史科としての芸術作品
古い歴史と 「新しい歴史」
史料に関する今日的問題

II 長い中世

中世とは何か
中間の時、 そして 「再生」
ルネッサンスと近代
年代の問題
複数のルネッサンス
カロリング朝ルネッサンス
12世紀ルネッサンス
中世の始まりと終わり
時代と世代

III 商人、 銀行家、 知識人

歴史学と出版界
歴史家としての出発
商人=銀行家の誕生
宗教と金銭
商業の正当化
「知識人」 の世界
スコラ学と大学の形成
知識人と社会
都市の宗教家たち
経済と宗教

IV ある文明が形をなす

文明としての西洋中世
天地創造と受肉
聖体の秘蹟
キリスト的時間
記憶と追悼
時はどこへ向かうのか
煉獄の発明
ヨーロッパの輪郭
西洋世界の一貫性
封建制と領主制
法秩序の確立
正統と異端

V 天と地において

中世の人間
伝記という幻想
〈父の時代〉 から 〈子の時代〉へ
戦争と正義
追害の構造
地上的な生
天使と悪魔
聖霊崇拝
聖母信仰
そして死が……

VI エピローグ


訳者あとがき
索引

関連情報

 

関連商品