ジャンル別目録


『環――歴史・環境・文明』

〔学芸総合誌・季刊〕 環 Vol.18
〈特集〉「帝国以後」と日本の選択

商品の詳細

〔学芸総合誌・季刊〕 環 Vol.18

  • 菊大並製 384ページ
    ISBN-13: 9784894343993
    刊行日: 2004/07
  • 定価: 3,024円

新しい時代に向けてトータルな知の総合を企図する学芸総合誌

 アメリカによるイラク戦争も一年を経過し、ますます泥沼化を呈してきている。小社は、昨春、フランスの人類学者にして歴史家、エマニュエル・トッド氏による『帝国以後――アメリカ・システムの崩壊』を刊行した。原著は刊行から一年半を経たが、世界中でも27ヶ国語以上に翻訳され世界的ベストセラーとなっている。現在のイラク戦争はヴェトナム戦争の二の舞という声もあり、まさに追い詰められてきているアメリカの現在を考える上でも、本書の重要性は否応なく増してきている。 日本でも昨春の邦訳刊行以来、著者の来日も含めて多大な反響を獲得してきたが、イラク問題、東アジア情勢など、アメリカとの関係の中で日本の進路が深い混迷に陥っている今、日本人が本書をどう読むかが、ますます強く問われている。アメリカからの「自立」を促す本書が、ドイツでとりわけ大きな反響を得たということを、我々はもっと真摯に受け止めなければなるまい。 この特集では、日本及び世界の一線の識者にご寄稿いただき、「帝国以後」の世界において、今我々がいかに対処すべきかを問うてみたいと考えている。

購入数:

目次

●アメリカは現実を直視できない「イデオロギー国家」にすぎない!

目標を失ったアメリカ

エマニュエル・トッド 最新インタビュー
(聞き手=I・フランドロワ/訳=荻野文隆)

 米軍による市民への攻撃や虐待、イラク国民の反発、スペインの撤退、米国内の危機……アメリカはすでに敗北している。これ以上の米軍の駐留は、ベトナム戦争以上の最悪の事態をもたらす!

〈来日記念シンポジウム〉
『帝国以後』と日本の選択
  ――対米従属からの脱却は可能か?

エマニュエル・トッド榊原英資小倉和夫
(司会)中馬清福
(通訳・訳=三浦信孝)

 イラク問題ではアメリカに全面協力を続け、東アジアではアメリカの「核の傘」に依存し続ける日本。アメリカからの自立を強く促す『帝国以後』を日本はどう受け止めるか?


■トッド、日本で語る

アメリカを問い直す
(『朝日』2004・2・4/聞き手=中川謙)

軍事攻勢は「弱さ」の証し
『毎日』2004・2・4/聞き手=佐藤由紀・岸俊光)

「米国一辺倒」への警告
(『読売』2004・1・26/聞き手=泉田友紀)

イラク戦争、米国破綻のきっかけに
(『東京・中日』2004・2・5/聞き手=三品信)

米国が今やリスクに
(「共同通信」2004・1・16/聞き手=軍司泰史)



■いま『帝国以後』から何を読みとるか

「核武装」か「米の保護領」か?
飯塚正人

なぜアメリカは戦争をしたか
池澤夏樹

グローバリズムへの徹底抗戦
井尻千男

「アメリカ帝国」という虚妄 【ヨーロッパからの反撃】
佐伯啓思

残照の観察者として
高成田享

アメリカ批判から保守的英知へ
西部 邁

ヨーロッパ地政圏とアジア地域システム
濱下武志

『帝国以後』への私注
三木 亘

アメリカ・システムの興隆・崩壊の同時性について
武者小路公秀

地政学(Geopolitics)と人口政治学(Demopolitics)
脇村孝平


●イラク戦争前夜、欧米の一級の知識人が闘わせた激論の記録!

21世紀は、アメリカの世紀となるか?

E・トッドI・ウォーラーステインJ‐P・フィトゥーシI・ラモネ
(司会)R・ドゥブレ
(訳・解題=石崎晴己)

 トッド、ウォーラーステインというまったく異なる専門領域の第一人者が、異口同音に指摘した、「衰退するアメリカ」。

「帝国以後」の国際ガバナンス【いかなる国連改革が必要か?】
西川 潤

帝国以後の日本の選択
猪口 孝

世界金融市場からみたイラク戦争
 
水田正史


小特集・『帝国以後』は世界でどう読まれたか?

アメリカ
『ニューヨーカー』/『ザ・ネイション』/『ニューヨークタイムズ・ブックレビュー』/『パブリッシャーズ・ウィークリー』/『ブックリスト』
イギリス

『ニュー・ステーツマン』/『ガーディアン』/『インディペンデント』

メキシコ
『グロバリサシヨーン』(インタビュー)/『ラ・ホルナーダ・セマナル』(インタビュー)

フランス
『ル・フィガロ・リテレール』(J‐F・ルヴェルとの対談)/『ル・ポワン』/『ヌーヴェル・オプセルヴァトゥール』/『ラ・クロワ』/『リベラシヨン』

ドイツ
『ツァイト』/『ツァイト』(インタビュー)

イタリア
『イル・マニフェスト』(インタビュー)

ロシア
『グローバル政治におけるロシア』

エジプト
『アル=グムフーリーヤ』/『アフバール・アル=ヤウム』

中 国
『世界知識』

韓 国
『デジタル朝鮮日報』/『ハンギョレ新聞』

日 本
『毎日新聞』(養老孟司)/『日本経済新聞』(山内昌之)/『日経ビジネス』(山本茂)/『読売新聞』(白石隆)/『産経新聞』(越智道雄)/『週刊東洋経済』(奥村宏

<><><><>
鶴見和子の言いたい放題 その2

「反日的分子」と「非国民」

 脳出血で倒れ半身麻痺となって8年、病と共に生きる立場から、今の世にどうしても言っておきたいことを語る!

榊原英資が世界を読み解く 第2回

アメリカの分裂

 大統領選を控えた、アメリカが国内に抱える深刻な危機!
<><><><>
救いとしての本物の美
―― 新作能「不知火」奉納に託される思い ――
石牟礼道子+大岡 信

「苦海浄土」から「不知火」へ。“歴史的事件”としての新作能・水俣奉納公演。
<><><><>
〈寄稿論文〉
新資料に見る「満鉄調査部事件」
小林英夫

戦後60年、中国の地に埋もれていた極秘資料を初めて公開!

〈編集長インタビュー〉
ブルデューを継承する
パトリック・シャンパーニュ(訳=宮島喬)

ブルデューに学んだ社会学の真髄を結晶させた、卓越の「世論」研究!
<><><><>
《連載》

●河上肇の「詩」と「書」 4
 人事代謝有り 往来古今を成す
一海知義+魚住和晃
京大を追放された河上が、扇面いっぱいに描いた書とは。

●唐木順三という存在 7
 批評と思想の間 【小林秀雄と唐木順三】
粕谷一希
反時代的思想家が生涯を賭けて完成させた「無常の形而上学」。

●〈往復書簡〉吉増剛造―高銀 8
 人間としての風景
高銀 (訳=崔世卿)

●徳富蘇峰宛書簡 17
  正力松太郎(下) 戦後混乱期の蘇峰と新聞人
高野静子


  巻頭短歌 鶴見和子  巻末俳句 石牟礼道子