ジャンル別目録


『環――歴史・環境・文明』

〔学芸総合誌・季刊〕 環 Vol.10
〈特集〉満洲とは何だったのか

商品の詳細

〔学芸総合誌・季刊〕 環 Vol.10

  • 菊大並製 464ページ
    ISBN-13: 9784894342927
    刊行日: 2002/07
  • 定価: 2,592円

新しい時代に向けてトータルな知の総合を企図する学芸総合誌

日本近現代史も、戦後東アジア史も、満洲・満洲国を抜きにしてはその本質を捉えられない。

売り切れ

目次

満洲・満洲国をいかに捉えるべきか  

山室信一

満洲をめぐる国際関係
三輪公忠

「満洲国」 【ある歴史の終り、そして新たな始まり】  
山本有造

歴史のなかの“満洲”
中見立夫


■周辺地域にとっての満洲

ロシアにとっての満洲
和田春樹

ユダヤ人、白系ロシア人にとっての満洲 【ハルビンで育って】
ヤン・ソレッキー

モンゴルにとっての満洲  
フフバートル

満洲にわたった朝鮮民族  
金賛汀

朝鮮民族の分断と満洲  
鶴嶋雪嶺


■中国にとっての満洲

「満洲」における思想弾圧の歳月  
呂元明

陋室懐旧録  
陳テイ

中国現代文学史上欠かせない一章
【東北における被占領時期の左翼文学・活動をめぐって】
劉慧娟+徐謙

「満洲国」の女性作家、梅娘を読む  
岸陽子


■満洲とは何か

“満洲”という地をめぐる歴史  
小峰和夫

満洲における諸民族の支配  
ユ・ヒョヂョン

樹状組織と網状組織の運動特性の違いについて
【市場構造から見た満洲】  
安冨歩

清朝の残響 【喪の物語としての精神史】  
能澤壽彦


■文化の先進地だった満洲

長谷川四郎における<満洲>への視座 【長城、収容所、戦後】  
川崎賢子

大連のアヴァンギャルドと北川冬彦  
和田博文

法という観念から見た満映の特異性と甘粕正彦  
山口猛

屹立する異貌の博物館 【満洲国国立中央博物館】  
犬塚康博

写真のユートピア 【淵上白陽と満洲写真作家協会】  
飯沢耕太郎


■満洲で日本は何をやったのか

満洲国政府の建築  
西澤泰彦

日本の満洲経営と新聞  
李相哲

写真に見る「満洲」イメージ  
西原和海

「観光楽土」としての満洲  【帝国の「野外劇場」】
高媛

植民地主義と医学  【開拓医学と満州】  
飯島渉

「満洲国」の経済遺産をどうとらえるか
【鞍山鉄鋼所から見た中国東北経済の連続性と断続性】  
松本俊郎


■満洲国に生きた人々

“実験場”にされた「満洲」の天国と地獄  
富永孝子

「満洲移民」の問いかけるもの  
蘭信三

満洲に送られた被差別部落  
高橋幸春

公娼制度の定着と婦人救済運動  【二十世紀初頭大連において】  
竹村民郎


小特集 満鉄の研究

後藤新平と満洲  
釈文・西宮紘

「満洲経営策便概」(一九〇五年)
「台湾統治ニ関シ訓示シ部下官僚ニ贈言セシ覚書」(一九〇六年)
「都督府制度ニ関スル談話覚書」(一九〇七年)

日本鉄道史のなかの満鉄  
原田勝正

満鉄調査部と戦後日本  
小林英夫

戦後中国大陸に生きた満鉄技術者たち  
杉田望

<エッセイ>
満鉄映画とは何だったのか  
モヤ・マリア・デ・ロス・アンヘレス




<エッセイ>
木崎さと子/羽田澄子/別役実/王音/金寿奉/張シンフォン



◆特別寄稿
<新連載>
鶴見和子―多田富雄 往復書簡
鶴見和子から多田富雄へ
第1回 自己と非自己について

<編集長インタビュー>
音楽をめぐって――「ジャル」と「もののあわれ」
ピアニスト 遠藤郁子



◆寄稿

歴史的転換点に立つメキシコ
北条ゆかり

アメリカの安全保障政策はどうあるべきか
【大国主義における「パーキンソン法則」の陥穽】  
J-M・クワコウ



◇連載 東洋について 6

「東亜」概念と儒学  
子安宣邦


◇連載 ブローデルの「精神的息子」たち 9
 アラン・コルバン  【心性史から感性の歴史へ】  
聞き手 I・フランドロワ(尾河直哉=訳)


◇連載 徳富蘇峰宛書簡 10
柳田國男
  高野静子



鶴見和子の歌  「分類学」
 
石牟礼道子の句  「水村紀行」