ジャンル別目録


環境

胎児の危機
化学物質汚染から救うために

商品の詳細

胎児の危機

  • T.シェトエラー G.ソロモン M.バレンティ A.ハドル
  • 松崎早苗・中山健夫監訳 平野由紀子訳
  • A5上製 473ページ
    ISBN-13: 9784894342743
    刊行日: 2002/2
  • 定価: 6,264円

『奪われし未来』の著者 T.コルボーン氏絶賛

現在数万種類の化学物質に、我々は常にさらされている。既に問題化しているそれらの“生殖”への影響(不妊、先天異常、発達異常など)に不安を感じたとき、どのようにして正しい科学的情報を求め、行動すべきかを知るための各家庭及び診療所、必携の書!

購入数:

目次

謝 辞
序   本書の使い方

第1部 科学を理解し利用する  ―― 生殖の生理学と毒性学

第1章  生殖・発達の生理学
第2章  公衆衛生の意思決定における科学の役割

第2部 主な物質と人間の曝露  ―― 生殖と発達への影響

第3章  金 属
第4章  有機溶剤
第5章  農 薬
第6章  内分泌攪乱物質
第7章  生殖毒物への人間の曝露

第3部 生殖に対する環境の脅威  ―― 調査の手引き

第8章  有害化学物質の規制と国民の知る権利
第9章  行動する  ―― 家庭、 地域、 職場での生殖への脅威をどのように評価するか
第10章 臨床医への手引き
第11章 まとめと提言


付 録
A リソースガイド ―― 情報源への手引き
B 化学物質への曝露に伴う生殖への影響

監訳者あとがき
原 注
索 引
図表一覧