ジャンル別目録


哲学・思想

ことばと音、そして身体
〔内田義彦セレクション〕 2 (全4巻別巻一)

商品の詳細

ことばと音、そして身体

  • 内田義彦
  • 四六変上製 272ページ
    ISBN-13: 9784894341906
    刊行日: 2000/07
  • 定価: 2,160円

「学問」の意味を「生きる」ことと切り離さず問いつづけた内田義彦作品集の決定版!芸術と学問をつなぐ

 詩や演劇、音楽にも造詣の深かった経済学者、内田義彦の独特の「語り」を存分に盛り込んだ対談集。芸術を決して学問と切り離さず、学問と芸術の総合される場を創出した希有の思想家の生きた言葉を贈る。劇作家・木下順二、詩人・谷川俊太郎、俳優・宇野重吉、哲学者・森有正、医学者・川喜田愛郎氏との対談を収録。

購入数:

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。


目次

〈プロローグ〉 一語・一語の巨塔

第1部 ことば

にほん語が言葉になるとき
 ―― 小学教科書試案 『にほんご』 をめぐって (対談・谷川俊太郎)
ことば・経験・概念 (対談・森 有正)

〈幕間〉 ラプソディ イン ブラック アンド ホワイト

第2部 音

調律の思想 (対談・村上輝久)
〈幕間〉『子午線の祀り』、もう一度

第3部 身 体

演劇の思想 (対談・宇野重吉))
死と向きあうとき
 ―― 人間・病・医療・化学 ―― (対談・川喜田愛郎、司会・唄 孝一)

〈幕間〉 対談のすすめ

 結  一人ひとりの人間が生きる (対談・木下順二)


編集後記 / 初出一覧 / 対談者紹介