ジャンル別目録


哲学・思想

哲学・政治著作集 Ⅰ

商品の詳細

哲学・政治著作集 Ⅰ

  • L・アルチュセール
  • 市田良彦、福井和美訳
  • A5上製 632ページ
    ISBN-13: 9784894341388
    刊行日: 1999/6
  • 定価: 9,504円

アルチュセールの新たな全体像

歿後に公開された未刊原稿群がアルチュセール像を塗りかえつつある今、テーマ・文体・内容において既知の著作と好対照をなすテキストをセレクトした、話題の著作集。第1巻は編年式に、第2巻はテーマ別に編集。第1巻はよく知られた60年代の仕事──『マルクスのために』『資本論を読む』等──の「以前」と「以後」を発掘する。

購入数:

目次

第一巻編者解題
フランソワ・マトゥロン
凡 例

I アルチュセール以前のルイ・アルチュセール

編者解題

善意のインターナショナル  (1946年)

G・W・Fヘーゲルの思考における内容について  (1947年)

序 論
 I 概念の誕生
A ヘーゲルとその生
B ヘーゲルとその時代
C ヘーゲルとカント
II 概念の認識
A 所与としての内容
B 反照としての内容
C 〈自己〉 としての内容
III 概念の誤認
A 悪い形式
B 悪い内容
C 良い器、 良い中身

人間、 この夜  (1947年)

ヘーゲルへの回帰  ―― 講壇修正主義の結語 (1950年)

事実問題  (1949年)

1 理論的な還元
2 実践的還元への展望

ジャン・ラクロワへの手紙  (1950-1951年)

結婚の猥褻性について  (1951年)


II 危機のテキスト

編者解題

ルイ・アルチュセールによって立てられた一つの問い  (1972年)

1 操作の原則
2 操作の結果
3 操作の 「証明」
4 第二法則の二の検証
5 「一般化」

自らの限界にあるマルクス  (1978年)

 1 マルクス主義の危機ついに炸裂す!
 2 マルクス主義の理論的危機を検討しよう
 3 マルクスは 「マルクス主義」 だったか
 4 マルクス主義理論は労働運動に外在するものではなく、 内在する
 5 マルクス主義は三つの源泉をもつ河なのか
 6 まだ観念論に囚われているマルクス
 7 では 「概念の全能性」 は?
 8 一つの絶対的限界 ―― 上部構造
 9 いかなる点で国家は 「道具」 であり、 「分離」 しているか
10 ではなぜ、 国家は機械であるのか
11 なぜプロレタリアート独裁か
12 再び、 国家-機械について
13 なぜ国家は 「特別な」 機械なのか
14 国家の身体について
15 国家の破壊について
16 国家の大いなる神秘化
17 国家めぐる擬似循環
18 物神崇拝について
19 イデオロギーをめぐるマルクスの 「絶対的限界」
20 グラムシのいうヘゲモニー

付 録 メラブへの手紙  (1978年)


III アルチュセール以後のルイ・アルチュセール

編者解題

出会いの唯物論の地下水脈  (1982年)

唯物論哲学者の肖像  (1986年)

原 注
編者注
訳者注

訳者あとがき
市田良彦