ジャンル別目録


歴史

近親性交とそのタブー〈新版〉
文化人類学と自然人類学のあらたな地平

商品の詳細

近親性交とそのタブー〈新版〉

  • 川田 順造[編]
  • 青木健一・山極寿一・出口顯・渡辺公三・西田利貞・内堀基光・小馬徹・古橋信孝・高橋睦郎
  • 四六上製 256ページ
    ISBN-13: 9784865781854
    刊行日: 2018/08
  • 定価: 2,808円

近親性交はなぜタブーか?

生物学、霊長類学、文化人類学の研究成果を総合する世界的水準における初の学際的インセスト・タブー論、待望の新版!
新たに編者による「新版への序」を収録
川田順造・青木健一・山極寿一・出口顯・渡辺公三・西田利貞・内堀基光・小馬徹・古橋信孝・高橋睦郎

購入数:

目次


 新版への序  川田順造

問題提起に代えて
性――自己と他者を分け、結ぶもの  川田順造

Ⅰ[最先端の自然人類学・文化人類学の知から]
「間違い」ではなく「適応」としての近親交配  青木健一(集団生物学)
 1 鳥類と哺乳類は、きつい近親交配を回避しているのか
 2 番外交配モデル
 3 早期繁殖モデル
 4 ウェスターマークの仮説
 5 インセスト・タブー

インセスト回避がもたらす社会関係  山極寿一(霊長類学)
  はじめに
 1 メイト・アウトはなぜ起こるか
 2 近親間の交尾回避はどのようにして起こるか
 3 交尾回避がメイト・アウトを引き起こす条件
 4 ゴリラの社会における交尾回避とメイト・アウト
 5 回避から規範へ

インセストとしての婚姻  出口顯(文化人類学)
  はじめに
 1 レヴィ=ストロースの理論の常識的理解(=無理解or誤解)
 2 母方交差イトコ婚の縮約としての父方平行イトコ婚
 3 インセストあるいは内婚としての婚姻
 4 ヴェズの婚姻理論
 5 ツワナのインセスト=婚姻
 6 他者と同一者の反転
  おわりに――インセストの神話論理に向かって

幻想と現実のはざまのインセスト・タブー
――フロイトからレヴィ=ストロースへ――  渡辺公三(文化人類学)
  はじめに
 1 インセストの原光景
 2 フロイトにおける現実から幻想への転換?
 3 自然から文化への移行と断念の共有
 4 変換体系の三つの位相

Ⅱ[コメント・批判・あらたな問い]
インセスト・タブーについてのノート  西田利貞(霊長類学)
  はじめに
 1 人間の「やらない」ことを、法律は禁止しないか?
 2 ローマ属領下でのエジプトにおけるインセスト
 3 インセストの回避は、「世話を受けた方が」おこなうのか?
 4 インセスト・タブーは普遍的な習慣か?
 5 インセスト・タブーは性交を断念することか?

インセストとその象徴  内堀基光(文化人類学)
 1 同世代間インセストと異世代間インセスト
 2 洪水、石そしてインセスト
 3 象徴としてのインセスト

性と「人間」という論理の彼岸  小馬徹(文化人類学)
  はじめに
 1 性としての「人間」
  接合し、且つ分節する結婚/縮約の論理/異類婚・半神・イエス/「人間」と不毛の性/性と「生/死」
 2 「人間」を超えて
  人間中心主義批判の逆説/ボノボ――もう一つの内面性
  おわりに

Ⅲ[文芸の深みから]
自然過程・禁忌・心の闇  古橋信孝(古代日本文学)
 1 性の潜在性
 2 親愛の情から家族へ
 3 個人の欲望と禁忌
 4 社会の曖昧性と近親婚
 5 禁忌と聖性
 6 禁忌の犯しと許容

自瀆と自殺のあいだ――近親相姦序説  高橋睦郎(詩人)


 主要参照ブックリスト(日本語)
 編者・執筆者紹介
 Contents

関連情報

山極寿一さんのいう「求愛行為では雄が主導的だが、最終的な交尾の決定権は雌が持っているという霊長類の特徴」が、ヒトにも基本的にあてはまるとすれば、男女の相対年齢やそれぞれの性的成熟度も考慮に入れて、息子と母、甥と伯(叔)母の性的結合の方が、父と娘、伯(叔)父と姪よりも、一般的に言って起こり易いとは言えるだろう。このように見てきた上で、母子相姦とそのタブーが内包するものは、一体何なのかを改めて問う――このスリリングな探求は、まさにフロイトとレヴィ=ストロースの理論が交差する点の延長上に、今度の私たちのシンポジウムのような学際的視野で、今後さらに進められるはずのものだ。
(川田順造「新版への序」より)


【編者紹介】
川田順造(かわだ・じゅんぞう)
1934年東京市生まれ。1965年東京大学社会学大学院博士課程を単位取得退学。1971年パリ第5大学で民族学博士。埼玉大学助教授、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授、国立民族学博物館併任教授、広島市立大学教授、神奈川大学教授を経て、現在神奈川大学特別招聘教授、同大学日本常民文化研究所客員研究員。日本人類学会(進化人類学分科会、キネシオロジー分科会)、日本文化人類学会で50年あまり研究活動。主著『無文字社会の歴史』(岩波書店、1976年、第8回渋沢敬三賞)レコードアルバム『サバンナの音の世界』(昭和59年度文化庁芸術祭レコード部門優秀賞、のち1988年白水社刊のカセットブック版は、2002年小泉文夫音楽賞)『聲』(筑摩書房1988、第26回歴程賞)『口頭伝承論』(河出書房新社、1992、第46回毎日出版文化賞)『日本を問い直す』(青土社)等。1991年アカデミー・フランセーズよりフランス語圏大勲章、1994年フランス政府より文化功労賞、2001年紫綬褒章、2006年第1回日本文化人類学会賞、2009年文化功労者、2010年瑞宝重光章、ブルキナファソ政府より文化功労賞を受ける。

【執筆者紹介(掲載順)】
青木健一(あおき・けんいち)
1948年東京生まれ。1980年米国ウィスコンシン大学大学院博士課程修了。東京大学大学院理学系研究科名誉教授。明治大学客員研究員。文化進化理論。主要論文に "Evolution of learning strategies in temporally and spatially variable environments: a review of theory" Theoretical Population Biology 91, 2014; "On the absence of a correlation between population size and 'toolkit size' in ethnographic hunter-gatherers" Philosophical Transactions of the Royal Society B 373, 2018 等。

山極寿一(やまぎわ・じゅいち)
1952年東京都生まれ。1975年京都大学理学部卒業。博士(理学)。京都大学総長。人類進化論。主著に『家族進化論』(東京大学出版会)『暴力はどこから来たか』(NHKブックス)『サル化する人間社会』(集英社インターナショナル)等。

出口顯(でぐち・あきら)
1957年島根県生まれ。1984年東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程中退。博士(文学)。島根大学法文学部教授。文化人類学。主著に『名前のアルケオロジー』(紀伊國屋書店)『誕生のジェネオロジー』(世界思想社)『臓器は「商品」か』(講談社)。『レヴィ=ストロース斜め読み』(青弓社)『神話論理の思想』(みすず書房)『国際養子たちの彷徨うアイデンティティ』(現代書館)等。

渡辺公三(わたなべ・こうぞう)
1949年東京都生まれ。1976年東京大学大学院社会学研究科修士課程修了。立命館大学副学長。2017年12月16日死去。文化人類学・人類学史。主著に『闘うレヴィ=ストロース』(平凡社新書)『司法的同一性の誕生―市民社会における個体識別と登録』(言叢社)『アフリカンデザイン―クバ王国のアップリケと草ビロード』(共著、里文出版)、訳書にレヴィ=ストロース『やきもち焼きの土器つくり』(みすず書房)等。

西田利貞(にしだ・としさだ)
1941年千葉県生まれ。1969年京都大学大学院理学研究科修了。京都大学名誉教授、日本モンキーセンター所長、日本霊長類学会会長。2011年6月7日死去。霊長類学。1990年ジェーン・グドール賞受賞。2008年3月日本人で初めてリーキー賞および国際霊長類学会の生涯功労賞を受賞。主著に『人間性はどこから来たかーサル学からのアプローチ』(京都大学学術出版会)『新・動物の「食」に学ぶ』(京都大学学術出版会)等。

内堀基光(うちぼり・もとみつ)
1948年東京都生まれ。オーストラリア国立大学大学院修了・Ph.D.(1979)。一橋大学・放送大学名誉教授。文化人類学。主著に『森の食べ方』(東京大学出版会)『「ひと学」への招待』(放送大学教育振興会)等

小馬徹(こんま・とおる)
1948年富山県生まれ。1980年一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。博士(社会人類学)。神奈川大学人間科学部教授。主著に『文化を折り返す』(青娥書房)『フィールドワーク事始め』(御茶の水書房)『「統治者なき社会」と統治』『「女性婚」を生きる』(以上、神奈川大学出版会)等。

古橋信孝(ふるはし・のぶよし)
1943年東京都生まれ。1966年東京大学文学部卒業。武蔵大学人文学部教授。主著に『古代和歌の発生』(東京大学出版会)『古代都市の文芸生活』(大修館書店)『平安京の都市生活と郊外』(吉川弘文館)『物語文学の誕生』(角川書店)『日本文学の流れ』(岩波書店)『文学はなぜ必要か』(笠間書院)等。

高橋睦郎(たかはし・むつお)
1937年北九州八幡生まれ。福岡教育大学卒業。現代詩を中心に、短歌、俳句、能、狂言、浄瑠璃など日本語のすべての詩形にわたって実作。他に小説、戯曲、評論など、活動は広く文芸全般に及ぶ。近著に詩集『恢復期』、古体詩集『倣古抄』。