ジャンル別目録


文学

看取りの人生
後藤新平の「自治三訣」を生きて

商品の詳細

看取りの人生

  • 内山章子
  • 四六上製 240ページ
    ISBN-13: 9784865781816
    刊行日: 2018/07
  • 定価: 1,944円

稀有な一族を「黒子」として見送ってきた九十年の半生。

父、鶴見祐輔(政治家、作家)
母、愛子(後藤新平長女)
姉、鶴見和子(社会学者)
兄、鶴見俊輔(哲学者)
夫、内山尚三(法学者) ……
稀有な一族を「黒子」として見送ってきた九十年の半生。

購入数:

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。


目次

 はじめに

Ⅰ 昭和の子――私の戦争体験
 もの心づいた頃
 「あなたはほかの子と違うの」
 優しい父、一途な母
 父の後ろ姿
 私の戦争体験について
 暮らしの中の公職追放
 父の『成城だより』を読み直して

Ⅱ 看取りの人生
 1 母を想う
  母の看取り
  母の日によせて
  母の墓前で心ゆくまで泣く
  〈幕間〉 愛する一人息子を失って
 2 父に学ぶ
  病床の十四年間
  父の旅立ち
 3 弟のこと
  直輔の人生の片影
 4 夫を送る
  「お子さん方をお呼び下さい」
  白紙の遺言状
 5 姉の旅立ち
  女書生の歌
  姉の最後の日々
  姉・鶴見和子の病床日誌(2006年5月31日―7月31日)
  神島の海に灰を流さむ――姉の散骨
 6 兄への挽歌
  兄との遊び
  そっと現れ、支えてくれる兄
  本喰い虫の兄
  二人ぼっち

 あとがき
 系図(祖父・後藤新平、母・愛子関連/鶴見家、父・祐輔関連)
 本書関連年表(1885-2015)

関連情報

私が生まれたとき、父、鶴見祐輔はちょうど衆議院議員に初当選した年で、私は激動の時代の政治家の家に生まれた。母、愛子は後藤新平の長女で、私の幼いときに過ごした家も後藤邸の敷地のなかにあったが、後藤新平は私が一歳足らずのときに亡くなっているので、記憶には無い。
姉の和子は10歳違い、兄の俊輔も6歳違いと歳が離れていて、特に姉とはいっしょに遊ぶことは無かった。私が10歳を過ぎるころには、姉も兄もアメリカに留学していて、それはこの時代には珍しいことだった。
その家で次女として育った私は、家族なのに、どこか「違う人たち」と暮らしているようだった。
今考えると、「看取り」を書き記すことは、リベラルな家の「黒子」として育った自分の、導かれた運命だったのではないかと思う。
(本書より)


【著者紹介】
●内山章子(うちやま・あやこ)
1928年東京生まれ。1948年、東京女子大学専門部歴史科卒業。2004年、京都造形芸術大学入学。2012年、同卒業。俳句結社「玉藻」同人。
私家版の著書・編著に、『ぼくの本』(1969年)『鶴見和子 病床日誌』(2007年)『雪中花』(2008年)『延令草』(2015年)。