ジャンル別目録


社会学

遺言 〈増補新版〉
斃れてのち元まる

商品の詳細

遺言 〈増補新版〉

  • 鶴見和子
  • 四六上製 336ページ
    ISBN-13: 9784865781809
    刊行日: 2018/07
  • 定価: 3,024円

生誕百年記念復刊!

未公刊の「『天皇皇后謁見』秘話」、および最晩年の著作『いのちを纏う』をめぐるシンポジウム(川勝平太・志村ふくみ・西川千麗 各氏)を大幅増補した決定版!

購入数:

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。


目次


「天皇皇后謁見」秘話――鶴見和子インタビュー(2004年9月19日) ※
 鶴見和子 追悼行事開催記録(2006-2018) ※

 序

Ⅰ 遺 言
 姉・鶴見和子の病床日誌(2006年5月31日-7月31日)(内山章子)

Ⅱ 最終講演
 斃れてのち元まる――命耀くとき
  はじめに
  老・病・死の季節の中で  短歌を杖に生還する
 Ⅰ 「回生」の歩み
  自然との一体感  死者と生者  自然から学ぶ
  人間一人ひとりが小さな宇宙  死ぬとは  生きるとは
 Ⅱ 遺すことば
  憲法九条  南方熊楠とクストー
  おわりに――未来に向けた曼荼羅の思想

Ⅲ 思 想
 弱者の立場から日本を開く
 私の回生――シンポジウム「生命のリズム」から
 静の足跡を辿って
 きもの文化と自前の思想
 諸文明の対話の思想、曼荼羅
 水俣の回生
 歌を杖として
    *     *
江戸の精神エネルギーに学ぶ(対談・田中優子)

Ⅳ 時 論
 鶴見和子の言いたい放題
 一 権力者に対する寛容は美徳か?
 二 「反日的分子」と「非国民」
 三 政治家の責任
 四 国は破れても文化は遺れ
 五 「日の丸・君が代」の強制に想う
 六 小泉首相の靖国神社参拝に思う
 七 「不戦」の誓い
 八 もやい直し
 九 老人リハビリテーションの意味
    *     *

国連外交と日本の立場(対談・緒方貞子)

〈附〉カイロのお金――後藤新平のアジア経綸
  〈インタビュー〉 祖父・後藤新平のアジア経綸
  〈インタビュー〉 ジョルジュ・サンドの回想 ※
〈補〉〈シンポジウム〉 いのちを纏う――色の思想/きものの思想 ※
 (パネリスト=川勝平太、志村ふくみ、西川千麗)

 編集後記(増補新版) ※
 初出一覧
 鶴見和子著作一覧(1999-2018)

関連情報

近代化論を乗り超えるべく提唱した“内発的発展論”。また日本初のエコロジストとして南方熊楠を捉え、“異なるものが異なるままに”ともに生きるあり方を“南方曼荼羅”として読み解き、各々の内発的発展を曼荼羅の中に配置する――強者‐弱者、中心‐周縁、異物排除の現状と果敢に闘い、私たちがめざす社会の全く独自な未来像を描いた、稀有な思想家の最後のメッセージ。
生誕百年を機に、未公刊の「『天皇皇后謁見』秘話」「ジョルジュ・サンドの回想」、および最晩年の『いのちを纏う』刊行を記念したシンポジウム(出演=川勝平太、志村ふくみ、西川千麗 各氏)を大幅増補して刊行。
(本書より)


【著者紹介】
●鶴見和子 (つるみ・かずこ)
1918年生。上智大学名誉教授。専攻・比較社会学。66年プリンストン大学社会学博士号を取得。69年より上智大学外国語学部教授、同大学国際関係研究所員を務める(82-84年、同所長)。95年南方熊楠賞受賞。99年度朝日賞受賞。15歳より佐佐木信綱門下で短歌を学び、花柳徳太郎のもとで踊りを習う(20歳で花柳徳和子を名取り)。1995年12月24日、自宅にて脳出血に倒れ、左片麻痺となる。2006年歿。
著書に『コレクション鶴見和子曼荼羅』(全九巻)『歌集 回生』『歌集 花道』『歌集 山姥』『鶴見和子・対話まんだら』(以上、藤原書店)など多数。