ジャンル別目録


全集・著作集・シリーズ・セレクション ほか

日本における詩作の原点
詩集『地平線』ほか 未刊詩篇、エッセイ 金時鐘コレクション(全12巻) 第1巻

商品の詳細

日本における詩作の原点

  • 金時鐘
  • [解説]佐川 亜紀
  • 四六変上製 410ページ
    ISBN-13: 9784865781762
    刊行日: 2018/06
  • 定価: 3,456円

「行きつけないところに 地平があるのではない。おまえの立っている その地点が地平だ。」

第一詩集『地平線』ほか初期詩篇、童話、エッセイ等。
作品の背景をつぶさに語る著者インタビューを収録!!
[解説]佐川亜紀
[解題]浅見洋子
[月報]野崎六助/高田文月/小池昌代/守中高明
[推薦]鶴見俊輔・辻井 喬・金石範・高 銀・吉増剛造・四方田犬彦・鵜飼 哲・佐伯一麦

購入数:

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。


目次

●詩集 地平線
序文  小野十三郎
自序

夜を希うもののうた
 薄明
 新聞記事より
 富士
 規律の異邦人
 あせた乳房
 夜よ はよ来い
 タロー
 南の島――知られざる死に
 処分法
 知識
 墓碑
 たしかにそういう目がある
 遠い日
 耐乏生活
 期待
 驟雨
 浦戸丸浮揚
 子供と月
 生きるってこと
 齊藤金作の 死に
 悪夢
 梅雨の夜
 眼
 開票
 生きのびるもの
 夢みたいなこと
 キャメラ

さえぎられた愛の中で
 母国朝鮮に捧ぐるの歌
 ふところ――生きていて下さるであろうお母さまに寄せて
 夜の つぶやき
 ひぐらしの 歌
 流民哀歌――または〝虐げられたものの歌〟
 春
 一本の錆びた スゼ
 第一回卒業生の みなさんへ
 真昼
 年の瀬
 卓の上
 飢えた日の記
 在日朝鮮人
 秋の歌
 距離は苦痛を食っている
 夏の狂詩
 一九五一年六月二五日の晩餐会
 巨済島
 停戦譜
 あなたは もう わたしを差配できない

 あとがき


●未刊行詩篇
〔献詩〕中村君の“ランプ”に寄す
ある話
ヂンダレ
朝の映像――二月八日を讃う
きえた 星――スターリンのみたまに
「生活の歌特集」〔扉詩〕
降りつづく雨に――“みどりのつどい”での朗読詩
日本の判決――松川事件の最終日に寄せて
一九五三年十二月二十二日
え?
〔社会戯評〕逆また 真なり
〔社会戯評〕進化的退化論
大阪総連
一つのうた――大阪風土記(写真詩)
しらぬ火――大阪風土記(写真詩)
河口――大阪風土記(写真詩)
猟銃


●童話
セミ
なかなおり


●エッセイ
『ヂンダレ』創刊のことば
『ヂンダレ』編集後記 第一~八号、第十五号
『ヂンダレ』十五号の問題点
『カリオン』創刊にさいして
『カリオン』第一号 義眼
『カリオン』第二号 編集後記
異国の中の祖国
記憶の腑をこじる詩――鄭仁詩集『感傷周波』跋文


 あとがき  金時鐘


〈インタビュー〉原点に立ちかえる――『地平線』まで  (聞き手)細見和之浅見洋子

〈解説〉在日詩の原点と世界詩の地平線――詩集『地平線』ほか初期詩篇について  佐川亜紀
〈解題〉地平線  浅見洋子
〈解題補遺〉日本における詩作の原点  細見和之

関連情報

金時鐘 (キム・シジョン)
1929年(旧暦1928年12月)朝鮮釜山に生まれ、元山市の祖父のもとに一時預けられる。済州島で育つ。48年の「済州島四・三事件」に関わり来日。50年頃から日本語で詩作を始める。在日朝鮮人団体の文化関係の活動に携わるが、運動の路線転換以降、組織批判を受け、組織運動から離れる。兵庫県立湊川高等学校教員(1973-92年)。大阪文学学校特別アドバイザー。詩人。
主な作品として、詩集に『地平線』(ヂンダレ発行所、1955)『日本風土記』(国文社、1957)長篇詩集『新潟』(構造社、1970)『原野の詩――集成詩集』(立風書房、1991)『化石の夏――金時鐘詩集』(海風社、1998)『金時鐘詩集選 境界の詩――猪飼野詩集/光州詩片』(藤原書店、2005)『四時詩集 失くした季節』(藤原書店、2010、第41回高見順賞)他。評論集に『さらされるものと さらすものと』(明治図書出版、1975)『クレメンタインの歌』(文和書房、1980)『「在日」のはざまで』(立風書房、1986、第40回毎日出版文化賞。平凡社ライブラリー、2001)他。エッセーに『草むらの時――小文集』(海風社、1997)『わが生と詩』(岩波書店、2004)『朝鮮と日本に生きる』(岩波書店、2015、大佛次郎賞)他多数。