ジャンル別目録


芸術

風魂 Kazatama
パンの笛に魅せられて

商品の詳細

風魂 Kazatama

  • 岩田 英憲・西村 恭子
  • [序]渡辺 俊幸(作曲家)
  • A5変上製 176ページ
    ISBN-13: 9784865781694
    刊行日: 2018/03
  • 定価: 2,376円

「パンの笛のほんとうの奏者は風」

ギリシャ神話の半獣半神の牧神に由来し、長さの違う葦や竹の筒を横に並べて吹く楽器、パンフルート。
その演奏ひとすじに賭ける人生――。
心にのこるエピソードを綴る、珠玉の詩文集。

購入数:

目次

風に運ばれる天上の調べ――『風魂』によせて 作曲家・指揮者 渡辺俊幸

 プロローグ 風の記憶

Ⅰ ウィーンの空の下
 クリスマスイヴの決心
 小さな町の小さなオーケストラ
 ウィーン交響楽団の初仕事
 黒澤明をウィーンで観る
 ベートーベンが好き!
 ベートーベンハウスの十字架
 少女は素直な表現者

Ⅱ パンの笛の果てない旅
 初めての笛を潰す
 オコルソさんの笛と、再会と
 竹博士
 恩 人
 未だ見ぬ国、ルーマニアへ
 テロリストに間違われる
 出雲の地に吹く虎落笛
 左手は心、右手は論理
 「牧神パン」が抱く笛
 正倉院の「御物」になった簫=パンの笛
 天上のオーケストラの中に
 楽譜に“息つぎマーク”を入れる時
 音の秘密、倍音
 植物を楽器に
 一点の音を探す
 ドナウ・デルタの葦の森
 〔対談〕いっぽんのケヤキが結び合わせてくれた
 「植物の代弁者」に気づいたコンサート
 ケヤキの声を聴いた「再びのコンサート」
 樹木医が語る「いのちの役目」のコンサート
 東北へ、一本松へ、エールのファイナルコンサート
 木も人も同じ「いのち」

Ⅲ 音楽を見つけた瞬間
 一九四五年八月六日 午前八時十五分
 みんな美しい!
 「好きにしんさい」
 キャバレー「ハレム」の屈辱
 落ちっぱなし、滑りっぱなし
 音楽を見つけた瞬間
 内モンゴルの“シ”の音
 戸田さんからの贈り物
 倉橋島の循環

Ⅳ 出合いの奇跡
 生意気ルディのくれた絵
 グルダンさんの手紙
 ザンフィルを追って――日本編
 ザンフィルを追って――スイス・アローザ編
 小泉文夫という人
 童話「とうすけさん 笛をふいて!」
 影の主役
 「野の花は風と歌う」
 「新日本探訪」のテーマは今も
 時代劇「風の峠」を吹く
 被災の街へ「光あれ」
 被爆樹木の笛を
 ヤドランカと「幻の歌」
 ラブソング「この地球に生まれて」
 舞台に出て行く前に

 エピローグ 今も、風はふいている

 パンの笛を吹いてみたい方へ

 あとがき  岩田英憲

関連情報

その風は、僕の原郷にあった草原や花や小鳥や蝶、父や母や祖父母を超え、植物と風が出合い、触れて別れる時、この地球のどこででも鳴っている風の音を想像させた。聴こうとすれば聴こえてくる自然の中の、素朴で素直な、風の魂のような音だった。(…)
ずっと探し求めていた音はこの音。直観で分かった。
この夜、僕はパンの笛の演奏家になる、この笛に生涯を賭けると、決心した。
(本文より)