ジャンル別目録


歴史

奇妙な同盟 Ⅰ
ルーズベルト、スターリン、チャーチルは、いかにして第二次大戦に勝ち、冷戦を始めたか

商品の詳細

奇妙な同盟 Ⅰ

  • ジョナサン・フェンビー
  • 河内 隆弥
  • 四六上製 376ページ
    ISBN-13: 9784865781618
    刊行日: 2018/03
  • 定価: 3,024円

ビッグスリーが繰り広げる虚々実々の駆け引き!!

積み重ねられる詳細(ディテール)――
「スターリンは寡黙だったが、
 ルーズベルトは始終とりとめなく話し、
  チャーチルは際限なく喋った」

購入数:

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。


目次


 謝辞

〈プロローグ〉テヘランの晩餐
   1943年11月29日

1 バッファロー、熊、そしてドンキー

2 第1回のサミット
   ニューファンドランド、プラセンシア湾 1941年8月9―12日

3 アンクル・ジョー
   モスクワ 1941年9月

4 世界大戦
   ワシントン、チェカーズ、モスクワ、重慶、ローマ、ベルリン 1941年12月6―12日

5 4人の交渉
   モスクワ、ワシントン、ロンドン 1941年12月9日―1942年1月14日

6 結論未定
   ロンドン、ワシントン 1942年1―4月

7 人民委員の訪問
   モスクワ、ロンドン、ワシントン 1942年5―6月

8 たいまつの歌
   ハイドパーク、重慶、ワシントン、ロンドン 1942年6―7月

9 モスクワの夜は更けて
   モスクワ 1942年8月

10 時の過ぎ行くままに
   北アフリカ、モスクワ、カサブランカ 1942年10月―1943年1月

11 嵐
   ワシントン、モスクワ、ロンドン、ハイドパーク、ケベック 1943年1―8月

12 ロシア序曲
   モスクワ 1943年10月

 原 注
 関連年表


関連情報

 1941年12月6日の夜、ルーズベルトは、オーヴァル・オフィス〔大統領執務室〕でハリー・ホプキンスとおしゃべりしながら、趣味の切手収集の作業をしていた。1人の海軍士官が、ワシントンの日本大使館へ東京から打電された、長い電文を傍受した最初の13の部分の翻訳を持って飛び込んで来た。14番目と最後の部分はまだ解読されていなかった。
 「これは戦争だね」、目を通してルーズベルトは言い、電信をホプキンスに手渡した。日本が半世紀前に植民地にした台湾の南沖を、5個師団の日本軍が航行していた。軍団はタイとマレーを攻撃できる位置にいた。「誰も[それを]知らないが、日本と戦争になるな」大統領は続けて言った。
 ホプキンスは、アメリカが先制攻撃できない位置にいたことを残念がった。
 「いや、それはやっちゃいけないんだ」、と大統領は言った。「われわれは民主主義で平和愛好の国民なんだ」。
 そして、声を少し高めて補足した。「しかし良いことが起こったね」。
(4「世界大戦」)