ジャンル別目録


芸術

男のララバイ
心ふれあう友へ

商品の詳細

男のララバイ

  • 原荘介
  • 四六上製布クロス装 384ページ
    ISBN-13: 9784865781526
    刊行日: 2017/11
  • 定価: 3,024円

ギターひき語り半世紀。

“団塊の世代”への青春讃歌。
今、心の引き出しを開けると、心ふれあう数々の思い出が、ふつふつと甦る。
“銀幕の天才”の森繁久彌さん、「月光仮面」の川内康範さん、「七人の侍」の土屋嘉男さん、「上を向いて歩こう」の中村八大さん……大好きだった先輩たちとの出会いと別れ。
男、荘介の壮大な……抒情歌。

【特別寄稿・私と子守唄】
伊東弘泰/因幡 晃/ジュディ・オング/香西かおり/斎藤寿孝/さとう宗幸/三遊亭鳳楽/西舘好子/服部克久/星由里子/森繁建/山谷初男

購入数:

目次


 まえがき
 プロローグ

第1幕 心の師匠、俳優・森繁久彌さん
 「どうしてそんなにギターを泣かすんだ」
  原荘介さんのこと  森繁 建
  流転する人間の唄  森繁久彌+原 荘介

第2幕 “義”に生きた作家・川内康範さん
 「人のためにすることは、すべて愛なんだ」
  荘介よ、がんばれ!  川内康範
  原君へ  川内康範
  遠い日に師と呼ばれた男より  川内康範
  荘介君に  川内康範
  通俗的な褒めかたは似合わない!  川内康範
  私の生い立ち  原 荘介

第3幕 兄貴のような存在、俳優・土屋嘉男さん
 「しょっちゅう一緒で、弟みたい」
  卑弥呼のいる家  土屋嘉男
  子守唄の偉大な力  土屋嘉男

第4幕 胸を借りた魂の音楽、作曲家・中村八大さん
 「生涯、男に惚れたというのは、あなたしかいない」
  私と子守唄  中村八大

第5幕 素敵な姉御、歌手・石井好子さん
 「これは気持ちだからね」
  ほほえみの人  石井好子
  父の子守唄  石井好子

第6幕 童女のごとき作家・森村桂さん
 「輝くには光が要る」
  心のひき出しに子守唄あり  森村 桂+原 荘介

第7幕 〈対談〉心寄せるお姉さん、“新宿の母”栗原すみ子さん
 「しょうがない弟みたいな存在」
  亡き父の想い出  栗原すみ子

第8幕 子守唄の兄貴分、詩人・松永伍一さん
 「残酷な歌を吐き出すことで、それをせずにすんだんだよ」
  子守唄 その土壌・風土  松永伍一+加藤登紀子+原 荘介

第9幕 わが心の友、笹倉明さん、淡谷のり子さん、伊東弘泰さん
  日本のふる里としての子守唄  笹倉 明+原 荘介
  子守唄・津軽・かまりっこ  淡谷のり子+原 荘介
  アビリティーズ協会・伊東弘泰さんへ  原 荘介
  男のロマン――日本子守唄フェスティバル第1回 エピソード  原 荘介
  「五木の子守歌」を生んだ谷間の五木村――その美しい村が今、ダムの底に沈む  原 荘介

私と子守唄
 伊東弘泰(日本アビリティーズ協会会長)
 因幡 晃(シンガーソングライター)
 ジュディ・オング(女優・歌手)
 香西かおり(歌手)
 斎藤寿孝(ハーモニカ奏者)
 さとう宗幸(歌手・俳優)
 三遊亭鳳楽(落語家)
 西舘好子(日本子守唄協会理事長)
 服部克久(作曲家)
 星由里子(女優)
 森繁 建(森繁久彌氏次男)
 山谷初男(俳優)

心の引き出し 開けてみて――子守唄に捧ぐ  永井一顕(読売新聞記者)


 あとがき

関連情報

 自分がヒト(人)としてヒト(人間)を思いやると言う、ごく当り前の事を忘れかけていることに気が付いて、どうにかしてヒト(人間)としての自分を取り戻してみたい……
 子守唄を研究し、集めて歌っていきたいと決心したのは、多分そんな思いがふと、心の中をよぎった時だったからかもしれない。
 ヒト(人間)は生まれ出た瞬間から、遠くにうすぼんやりと霞んで、見えるようで見えないゴールを目指して歩き進まなければならないのです。その深い深い哀しみと、恐怖と、不安におびえながら、小さなもみじの様な手をしっかりと握りしめて「オギャーオギャー……」と泣き叫ぶのです。


●原 荘介(はら・そうすけ)
1940年秋田県大館生。ギタリスト、子守唄研究の第一人者、ギターひき語りの第一人者。
小樽商科大学卒業。東海汽船勤務を経て、1967年にギタリストとして独立。クラシックギターを溝淵浩五郎、大西慶邦の両氏に師事。ひき語りを下沢五郎氏に師事。日本演奏家協会(日本音楽ユニオンの前身)の設立から参加(副委員長)。日本芸能実演家団体協議会(芸団協)労災委員長・組織委員長を務めた。日本クラシカルギターひき語り協会会長。
“クラシック・ギターひき語り”を指導するかたわら、国内はもとより、ベルギー・ブリュッセルを中心に海外でも活発に音楽活動を行う。ライフワークとして、海外日本人学校をめぐり、子供たちにギターの音色を届けて歩く。ベルギーで盲目のジャズピアニストのニコ&シモンの兄弟と出会い、ソニシ・バンクーバー・トリオを結成、1994~95年、全国35公演を実施。
もうひとつのライフワークである子守唄は、40余年にわたって調査収集し、その発表に精力的に取り組んでいる。日本全国の子守唄138曲(CD8巻+歌詞集+鑑賞アルバム)は文化庁の協力を得て完成され、貴重な資料として高く評価されている。
2009年~7年間、日本テレビ文化センター「歌の祭典」審査委員長。10年間、SSW(シンガーソングライター)フェスティバルを青梅で開催。「荘介のたまり場」103回進行中。

関連商品

絆

2,700円