ジャンル別目録


歴史

家族システムの起源
Ⅰ ユーラシア (上) 〔2分冊〕

商品の詳細

家族システムの起源

  • エマニュエル・トッド
  • 石崎晴己 監訳  片桐友紀子・中野茂・東松秀雄・北垣潔 訳
  • A5上製 424ページ
    ISBN-13: 9784865780727
    刊行日: 2016/06
  • 定価: 4,536円

「家族システムの起源は“核家族”である」! 40年の集大成!

伝統的な家族構造が多様な近代化の道筋をつけたと論証してきたトッドは、家族構造が不変のものではなく変遷するという方法の大転換を経て、家族構造の単一の起源が核家族であること、現在、先進的なヨーロッパや日本はその古代的な家族構造を保持しているということを発見した。
(上)中国とその周縁部/日本/インド/東南アジア

購入数:

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。


目次

 日本語版への序文

序 説 人類の分裂から統一へ、もしくは核家族の謎
第1章 類型体系を求めて
第2章 概観――ユーラシアにおける双処居住、父方居住、母方居住
第3章 中国とその周縁部――中央アジアおよび北アジア
第4章 日 本
第5章 インド亜大陸
第6章 東南アジア

 原註

関連情報

■本書は、全く通常と異なる、ほとんど逆の、人類の歴史の姿を提示するものである。ユーラシアの周縁部に位置する、現在最も先進的である国々、とりわけ西欧圏が、家族構造としては最も古代的なものを持っているということを、示しているからである。
■発展の最終局面におけるヨーロッパ人の成功の一部は、そうした古代的な家族構造はかえって変化や進歩を促進し助長する体のものであり、彼らヨーロッパ人はそうした家族構造を保持してきた、ということに由来するのである。
■このような逆説は、日本と中国の関係の中にも見出される。日本は経済的に中国に比べてひじょうに進んでいるが、家族構造としてはより古代的なものを持っているのである。今後は、家族システムの歴史のこうした新たな見方を踏まえた人類の社会・政治・宗教史の解釈を書くことが必要となる。
(「日本語版への序文」より)


エマニュエル・トッド(Emmanuel Todd)
1951年生。歴史人口学者・家族人類学者。フランス国立人口統計学研究所(INED)に所属。作家のポール・ニザンを祖父に持つ。ケンブリッジ大学にて、家族制度研究の第一人者P・ラスレットの指導で76年に博士論文Seven Peasant communities in pre-industrial Europe(工業化以前のヨーロッパの七つの農民共同体)を提出。同年、『最後の転落――ソ連崩壊のシナリオ』(新版の邦訳13年)で、25歳にして旧ソ連の崩壊を予言。その後の『第三惑星――家族構造とイデオロギー・システム』『世界の幼少期――家族構造と成長』(99年に2作は『世界の多様性――家族構造と近代性』〔邦訳08年〕として合本化)において、世界の各地域における「家族構造」と「社会の上部構造(政治・経済・文化)」の連関を鮮やかに示し、続く『新ヨーロッパ大全』(90年、邦訳92、93年)では、対象をヨーロッパに 限定して、さらに精緻な分析を展開、宗教改革以来500年の全く新たなヨーロッパ近現代史を描き出した。「9・11テロ」から1年後、対イラク戦争開始前の02年9月に出版された『帝国以後――アメリカ・システムの崩壊』(邦訳03年)ではアメリカの金融破綻を予言し、28カ国以上で翻訳され、世界的ベストセラーとなった。
その他の著書として、『移民の運命――同化か隔離か』(94年、邦訳99年)、『経済幻想』(98年、邦訳99年)、『世界像革命――家族人類学の挑戦』(石崎晴己編、01年)『文明の接近――「イスラームvs西洋」の虚構』(クルバージュとの共著、07年、邦訳08年)、『デモクラシー以後――協調的「保護主義」の提唱』(08年、邦訳09年)、『アラブ革命はなぜ起きたか――デモグラフィーとデモクラシー』(11年、邦訳11年)『自由貿易は、民主主義を滅ぼす』(石崎晴己編、11年)『不均衡という病――フランスの変容1980-2010』(ル=ブラーズとの共著、13年、邦訳14年)『トッド 自身を語る』(石崎晴己編訳、15年)(以上、邦訳はいずれも藤原書店刊)。


石崎晴己(いしざき・はるみ)
1940年生まれ。青山学院大学名誉教授。1969年早稲田大学大学院博士課程単位取得退学。専攻フランス文学・思想。
訳書に、ボスケッティ『知識人の覇権』(新評論、1987)、ブルデュー『構造と実践』(1991)『ホモ・アカデミクス』(共訳、1997)、トッド『新ヨーロッパ大全ⅠⅡ』(Ⅱ共訳、1992-1993)『移民の運命』(共訳、1999)『帝国以後』(2003)『文明の接近』(クルバージュとの共著、2008)『デモクラシー以後』(2009)『アラブ革命はなぜ起きたか』(2011)『最後の転落』(2013)『不均衡という病』(ル・ブラーズとの共著、2014)など多数。編著書に、『世界像革命』(2001)『サルトル 21世紀の思想家』(共編、思潮社、2007)『21世紀の知識人』(共編、2009)『トッド 自身を語る』(2015年)(出版社名が明示されていないものは、いずれも藤原書店)など。

片桐友紀子(かたぎり・ゆきこ)
1984年生まれ。青山学院大学フランス文学科卒業、同大学院修士前期課程修了。

中野 茂(なかの・しげる)
1966年生まれ。パリ第8大学博士課程修了(文学博士)、早稲田大学博士後期課程満期退学。早稲田大学高等学院教諭、早稲田大学非常勤講師。フランス文学・フランス語教育。

東松秀雄(とうまつ・ひでお)
1952年生まれ。青山学院大学博士課程単位取得。青山学院大学講師。フランス文学。

北垣 潔(きたがき・きよし)
1965年生まれ。早稲田大学大学院満期退学・青山学院大学他講師。18世紀フランス文学。