ジャンル別目録


文学

詩魂
(しこん)

商品の詳細

詩魂

  • 高銀・石牟礼道子
  • 四六変上製 160ページ
    ISBN-13: 9784865780116
    刊行日: 2015/01
  • 定価: 1,728円

韓国と日本を代表する知の両巨人

文学とは何か、人間とは何かについて魂を交歓させ語り尽くした三日間。

購入数:

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。



目次

思春期の少年にようやく出会えた  第一日目
 小さい時にお目にかかっていたら……
 戦時下の私にとっての「朝鮮」
 植民地下の私にとっての「日本」
 チッソと朝鮮半島
 精霊の存在、祈る人
 虚無主義と現実主義のあいだ
 海という人類最後の聖地
 和やかだった父の最期
 霊的な動物
 野性の喪失
 転機となった、ある労働者の死

何のための文学か?  第二日目
 人間の始まりと終わり
 「ひと様のお墓」
 海を行き来する詩
 土地の精霊
 原初そのものとしての海
 ミナマタは終わっていない
 現代人が喪失した言葉と感覚
 闘いと祈り――時間の故郷と空間の故郷
 魂が飛んでいる人
 人間の孤独と華やかさ
 平和の文学――文字なき人びとの声を書きたい
 知性と野性
 むしろ東洋で自然を虐殺している
 「私」を正当化するだけの文学
 マウル(村)の美しさ
 マウル(村)を破壊した朝鮮戦争
 「ナ(私)」ばかりを描く文学
 水俣病が破壊した絆と「もやいなおし」
 「愛する」という自分との闘い
 憎悪を操る現代文明
 戦後日本の対米追従
 奇蹟のような出会い

海の彼方へのあこがれ  第三日目
 海からやってくる懐かしい人
 歌の島
 宇宙と対話をする狂人=詩人
 「東京にも日本という国はなかった」
 「イオド」という幻の島
 「中庭」としての海と、「寄りもの」からできた島
 「セノヤ」という掛け声
 大きな光の矢が海に直入する――壮大なエロスの時刻
 星がごはんとしてあった


夢の中の女性 高 銀
深いところで世界を共有 石牟礼道子

関連情報

高銀(コ・ウン, Ko Un)
1933年韓国全羅北道生。韓国を代表する詩人。道で拾ったハンセン病患者の詩集を読み,詩人を志す。朝鮮戦争時,報復虐殺を目撃,精神的混乱に。その後出家,僧侶として活躍するが,還俗し,投獄・拷問を受けながら民主化運動に従事。2000年6月の南北会談に金大統領に同行,詩を朗読。著書に詩集・小説・評論集等150余巻。邦訳『祖国の星』(金学鉉訳,新幹社)『華厳経』(三枝壽勝訳,御茶の水書房)『「アジア」の渚で』(吉増剛造との共著,藤原書店)『高銀詩選集 いま,君に詩が来たのか』(青柳優子,金應教,佐川亜紀訳,藤原書店)。

石牟礼道子(いしむれ・みちこ)
1927年,熊本県天草郡に生れる。詩人。作家。1969年に公刊された『苦海浄土――わが水俣病』は,文明の病としての水俣病を描いた作品として注目される。1973年マグサイサイ賞,1986年西日本文化賞,1993年『十六夜橋』で紫式部文学賞,2001年度朝日賞,『はにかみの国――石牟礼道子全詩集』で2002年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞する。2002年から,新作能「不知火」が東京,熊本,水俣で上演され,話題を呼ぶ。石牟礼道子の世界を描いた映像作品「海霊の宮」(2006年),「花の億土へ」(2013年)が金大偉監督により作られる。『石牟礼道子全集・不知火』(全17巻・別巻1)が2004年4月から藤原書店より刊行され,2014年5月完結する。またこの間に『石牟礼道子・詩文コレクション』(全7巻)が刊行される。


【高 銀】 私の故郷に、小さな無人島がひとつありました。「ノレソン」という名で、「歌の島」という意味です。松の木などがあって、風で波が立ったりした時に、歌のような音が流れてくるので、そんな名前がつきました。いま考えると、おそらく何らかの事故で海で亡くなった漁師たちの魂が、いろんなことを聞かせたくて歌っていたのではないか、と思えてきます。それで、そういう亡くなった漁師たちに、もっと歌ってくれと言われて、私も詩人になったような気がします。

【石牟礼道子】 お月様の出る夜、とくに夏の夜、家を抜け出して、夜中にひとりで海辺に行くんです。それで岩に腰かけて歌うんです。まだこない未来を呼ぶと言いますか、海の向こうにある、まだ見えないもの、まだ聞こえないもの、それに向かって呼びかけるような気持ちです。その頃から詩人の素質が芽生えていたんだろうと思いますが、とにかく一種の恍惚感をもって海辺で歌っていました。