ジャンル別目録


文学

不知火おとめ
若き日の作品集1945-1947

商品の詳細

不知火おとめ

  • 石牟礼道子
  • A5上製 216ページ
    ISBN-13: 9784894349964
    刊行日: 2014/11
  • 定価: 2,592円

未発表処女作を含む初期作品集!

戦中戦後の時代に翻弄された石牟礼道子の青春。その若き日の未発表の作品がここに初めて公開される。16歳から20歳の期間に書かれた未完歌集『虹のくに』、代用教員だった敗戦前後の日々を綴る「錬成所日記」、尊敬する師宛ての手紙、短篇小説・エッセイほかを収録。

購入数:

目次



不知火をとめ 1947.7.3
ひとりごと 1946.12.11-1947.7.20


錬成所日記 1945.6.23-9.18


徳永康起先生へ――石牟礼道子の若き日の便り 1946.1.15-7.21


タデ子の記 1946
光 1946


未完歌集『虹のくに』 1945-1947

 あとがき

関連情報

六月二十八日
朝、森先生より沖縄の報告あり。
“長恨千載に尽きるなし”
牛島最高指揮官の御言葉なり。
一億のはらから そも 此の言葉を 如何に聞きたる。
死にましゝ幾多 英魂の叫びにあらで、何の御声ぞ。
 今ははや形見となりし箸箱の花を撫でつゝ泣かじとおもふ
 遺されし箸箱撫でつゆくりなく赤き小花の浮きて流るゝ
 日の本の唯をみなたれと云ひ送り沖縄島に果てし兄かも
 私の悲しさ云はじ同胞の恨を継ぎていざ起ち撃たむ
(「錬成所日記」より)


石牟礼道子(いしむれ・みちこ)
1927年、熊本県天草郡に生れる。詩人。作家。
1969年に公刊された『苦海浄土――わが水俣病』は、文明の病としての水俣病を描いた作品として注目される。1973年マグサイサイ賞、1986年西日本文化賞、1993年『十六夜橋』で紫式部文学賞、2001年度朝日賞、『はにかみの国――石牟礼道子全詩集』で2002年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞する。2002年から、新作能「不知火」が東京、熊本、水俣で上演され、話題を呼ぶ。石牟礼道子の世界を描いた映像作品「海霊の宮」(2006年)、「花の億土へ」(2013年)が金大偉監督により作られる。
『石牟礼道子全集 不知火』(全17巻・別巻1)が2004年4月から藤原書店より刊行され、2014年5月に完結する。またこの間に『石牟礼道子・詩文コレクション』(全7巻)が刊行される。