ジャンル別目録


全集・著作集・シリーズ・セレクション ほか

自伝
石牟礼道子全集・不知火(全17巻・別巻1) 別巻

商品の詳細

自伝

  • 石牟礼道子
  • A5製布クロス装貼函入 472ページ
    ISBN-13: 9784894349704
    刊行日: 2014/05
  • 定価: 9,180円

石牟礼道子はいかにして石牟礼道子になったか

母はるのは、『宮野河内の人方の御恩を忘れまいぞ』と言い続けて亡くなった。私がかの地で生まれた時、村をあげて誕生祝いをしていただいたのだそうだ。」(石牟礼道子)

購入数:

目次


Ⅰ 葭の渚  石牟礼道子自伝
 第一部
  1 水俣の栄町での日々
  2 父祖の地・天草
  3 祖父・松太郎と事業の夢
  4 祖母・おもかさま

 第二部
  5 天草を遡る旅
  6 「末廣」のすみれの悲劇
  7 水俣川河口に移り住む
  8 原郷としての不知火海
  9 戦争の影

 第三部
  10 実務学校期
  11 代用教員期
  12 終戦と戦災孤児
  13 葛渡小学校勤務
  14 弟の心境
  15 結婚と厳しい生活環境
  16 歌人・志賀狂太の運命

 第四部
  17 サークル村への参加と水俣病との出会い
  18 西南の役から近代日本を考える
  19 高群逸枝著作および橋本憲三氏との出会い
  20 田上義春さんのこと
  21 水俣の奇病を問いつつ
  22 道行きのえにしはまぼろしふかくして

 あとがき


Ⅱ 詳伝年譜(1969-2013)  渡辺京二

Ⅲ 資料

 後記
 あとがき
 年譜(1927- )