ジャンル別目録


文学

神々の村 〈新版〉
『苦海浄土』第二部

商品の詳細

神々の村 〈新版〉

  • 石牟礼道子
  • 四六並製 408ページ
    ISBN-13: 9784894349582
    刊行日: 2014/02
  • 定価: 1,944円

『苦海浄土』三部作の核心

第一部『苦海浄土』、第三部『天の魚』に続き、四十年の歳月を経て完成
渡辺京二氏「『第二部』はいっそう深い世界へ降りてゆく。それはもはや裁判とも告発とも関係のない基層の民俗世界、作者自身の言葉を借りれば『時の流れの表に出て、しかとは自分を主張したことがないゆえに、探し出されたこともない精神の秘境』である」(本書解説より)

購入数:

目次


第一章 葦舟

第二章 神々の村

第三章 ひとのこの世はながくして

第四章 花ぐるま

第五章 人間の絆

第六章 実る子


 掌が後ろからそっときて――あとがきにかえて 石牟礼道子

 解説「『苦海浄土』三部作で要の位置を占める作品」 渡辺京二

関連情報

「『第一部』が「ゆき女聞き書」に代表されるように、彼女の天質が何の苦渋もなく流露した純粋な悲歌であり、『第三部』がトランス状態のうちに語られた非日常界であるとすれば、『第二部』は水俣病問題の全オクターヴ、その日常と非日常、社会的反響から民俗的底部まですべて包みこんだ巨大な交響楽といってよい。水俣病とは何であったか、そのことをこれだけの振幅と深層で描破した作品はこの『第二部』以外にこれまでもこれからもあるはずがなかった。その意味で『第二部』は『苦海浄土』三部作中、要の位置を占める作品というべきである。」渡辺京二


石牟礼道子(いしむれ・みちこ)
1927年、熊本県天草郡に生れる。詩人。作家。
1969年に公刊された『苦海浄土――わが水俣病』は、文明の病としての水俣病を描いた作品で注目される。1973年マグサイサイ賞、1986年西日本文化賞、1993年『十六夜橋』で紫式部文学賞、2001年度朝日賞、『はにかみの国――石牟礼道子全詩集』で2002年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞する。2002年から、新作能「不知火」が東京、熊本、水俣で上演され、話題を呼ぶ。石牟礼道子の世界を描いた映像作品「海霊の宮」(2006年)、「花の億土へ」(2013年)が金大偉監督により作られる。
『石牟礼道子全集 不知火』(全17巻・別巻1)が2004年4月から藤原書店より刊行され、2013年全17巻が完結する。またこの間に『石牟礼道子・詩文コレクション』(全7巻)が刊行される。