ジャンル別目録


全集・著作集・シリーズ・セレクション ほか

「出会う」ことと「生きる」こと
〈セレクション・竹内敏晴の「からだと思想」〉(全4巻) 第3巻

商品の詳細

「出会う」ことと「生きる」こと

  • 竹内敏晴
  • 〈寄稿〉竹内敏晴の人と仕事3=鷲田清一
  • 四六変型上製 368ページ
    ISBN-13: 9784894349568
    刊行日: 2014/02
  • 定価: 3,564円

いのちとは、問うもの応えるものの出会いにおいて散る火花のことだ。

真にことばを掴んだ瞬間の鮮烈な経験を記したロングセラー『ことばが劈かれるとき』著者として、「からだ」から「生きる」ことを考え抜いた稀有の哲学者の精選集!

〈月報〉庄司康生・三井悦子・長田みどり・森洋子


購入数:

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。


目次


I ドラマとしての授業
はじめに――湊川で学んだことの一つ
語り手と対話者――林竹二氏の授業
「田中正造――谷中村」の湊川における上演と
  主体であるレッスンの仲間の形成について
湊川でおこったこと――戯曲「奇蹟の人」批判

II ことばとからだの戦後史
プロローグ 六十一歳の越え方――死へのイニシエーション
からだの海にざわめき立つ波――オハヨウからムカツクまで
鎮魂歌――ヒロシマ、八月、島の聞き書き
皐月の花はむらさきのいろ――信じるということ
援助するということ
夢としての生・序――その一 待つ
夢としての生・序――その二 道行
エピローグ 断章――「愛」そして「他者」

III 老いのイニシエーション
プロローグ 誕生
出会い
加害者
習慣としての「からだ」――解体と出発
他者が現れるとき
エピローグ ヨナの目覚め――始まりの書

IV 人間であるということ
ドラマ化して考えたこと――「田中正造――谷中村」について
ドラマとサイコ・ドラマ――アクション(演技)の次元について
生命――「いのち」の定義

◎竹内敏晴の人と仕事3
無方法という方法 鷲田清一
◎ファインダーから見た竹内敏晴の仕事3 安海関二

関連情報

自発的に他者を呼び出し、それを持ちこたえ受け入れること。さらに、それに答えること。その過程で自分は相手に突破され変ってゆき、また相手も変ってゆくであろう。これが、人と人とが出会うということなのだろう。ことばを持たず、ふれあうことのみを知っていた「からだ」。ふれあいにも問いと答えとがあることは先に述べたが、もっとも原初の、ことばのもとのもとの「ことば」の立ち上る地点として私は「問う」ことを始める、ようやくに、今、私はそこに立つ。「問う」自分を知ることは、すでに、あるいは常に他者から「問われている」自分に気づくことであるだろう。
(本書より)


竹内敏晴(たけうち・としはる)
1925年,東京生。演出家。東京大学文学部卒。ぶどうの会,代々木小劇場=演劇集団・変身を経て,72年竹内演劇研究所開設(~86年)。79~84年宮城教育大学教授。その後も「からだとことばのレッスン」に基づく演劇創造,人間関係の気づきと変容,障害者療育に取り組みつづける。2009年9月7日死去。
著書に『ことばが劈かれるとき』(思想の科学社,のちちくま文庫)『声が生まれる』(中公新書)『生きることのレッスン』(トランスビュー)『からだ=魂のドラマ』(林竹二との共著)『「出会う」ということ』『レッスンする人――語り下ろし自伝』(以上、藤原書店)など多数。