ジャンル別目録


全集・著作集・シリーズ・セレクション ほか

世界史とは何か
岡田英弘著作集(全8巻) 第2巻

商品の詳細

世界史とは何か

  • 岡田英弘
  • 四六上製 520ページ
    ISBN-13: 9784894349353
    刊行日: 2013/09
  • 定価: 4,968円

13世紀モンゴルから、世界史が始まった! 中央ユーラシアの“草原の道”が、現代の世界をも動かしている!

地中海文明とシナ文明をつないで世界史の舞台を準備したのは、13世紀のモンゴル帝国である。「モンゴル帝国の継承国家」としての中国やソ連など、中央ユーラシア各地域の歴史を通して世界史を観る。
[月報]アリシア・カンピバーバラ・ケルナー=ハインケレ川田順造三浦雅士
[推薦]T・エルベグドルジ(モンゴル大統領)/M・エリオット(ハーヴァード大学教授清朝史・内陸アジア史)/B・ケルナー=ハインケレ(ベルリン自由大学名誉教授 トルコ学)/川勝平太(経済史家)

購入数:

目次

はじめに

第I部 中央ユーラシア、世界を動かす
 中央ユーラシアとは何か
 歴史の主舞台、草原の道
 チンギス・ハーン、世界をつくる
 モンゴル帝国の盛衰
 モンゴル人とは何か
 中央ユーラシア史が果たす役割
 モンゴルがアジアに遺したもの

第II部 西からの視点、東からの視点
 中央アジアの歴史と現実
 ロシア民族とは何か
 漢民族とは何か
 ベルリンとウラーンバートルから中央ユーラシアを見る
 近現代のモンゴルと日本――蒙古自治運動を振り返る

第III部 モンゴル史の種々相、紛争地域の実像
 遊牧民の知恵と掟――モンゴルの思想と風俗
 モンゴル軍を道案内したイギリス人
 元がシナの食文化を大転換させた
 モンゴル人の戦争の仕方
 チンギス・ハーン崇拝とモンゴル文学
 「草原の道」と「シルクロード」
 モンゴル帝国とイスラム教
 徳王の政治的遺言
 「アフガン国内の覇権争い」の真相
 つくられた憎悪、印パ戦争
 ユダヤの正義、アラブの正義
 発言集


おわりに
初出一覧
図表一覧
人名索引/事項索引

関連情報

 「チンギス・ハーン(在位1206~27)の孫の時代までに、モンゴル軍の行動範囲は、東北方ではサハリン、東方では日本の九州、東南方ではジャワ島、南方ではインダス河、西南方ではパレスティナ、西方ではポーランド、ハンガリー、アドリア海岸にまで及んだ。
 モンゴルの軍事力がユーラシア大陸の東西を結ぶ交通路の安全を保証したので、前例を見ない広域の経済圏が実現した。元朝は世界史上最初の不換紙幣を発行した。シナで11世紀に芽生えた世界最初の資本主義経済が、モンゴル帝国時代に入って西方に波及し、13世紀のヴェネツィアにヨーロッパ最初の銀行が誕生している。
 中央ユーラシアの諸種族は、繰り返す移動の波によって、周辺の文明の運命を決定し、続いてモンゴル帝国に結集して、最終的に現在の中国とロシアを生み出した。これに対してモンゴル帝国に統合されなかった日本では、14世紀に倭寇が発生し、西部ヨーロッパでは少し遅れて15世紀に大航海時代に入り、これが16世紀に合流した結果、生み出されたものが、現在の世界の三大資本主義経済、日本とアメリカ合衆国とヨーロッパ連合(EU)である。こうした現在の世界情勢を理解するには、中央ユーラシアの歴史からの視点が不可缺である。」
(本文より)


岡田英弘(おかだ・ひでひろ)
1931年東京生。歴史学者。中国史、モンゴル史、満洲史、日本古代史と幅広く研究し、全く独自に「世界史」を打ち立てる。東京外国語大学名誉教授。
東京大学文学部東洋史学科卒業。1957年『満文老檔』の共同研究により、史上最年少の26歳で日本学士院賞を受賞。アメリカ、西ドイツに留学後、ワシントン大学客員教授、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授を歴任。
著書に『歴史とはなにか』(文藝春秋)『世界史の誕生』『日本史の誕生』『倭国の時代』(筑摩書房)『チンギス・ハーン』(朝日新聞社)『中国文明の歴史』(講談社)『読む年表 中国の歴史』(ワック)『モンゴル帝国から大清帝国へ』『〈清朝史叢書〉康煕帝の手紙』(藤原書店)他。編著に『清朝とは何か』(藤原書店)他。