ジャンル別目録


全集・著作集・シリーズ・セレクション ほか

新作 能・狂言・歌謡ほか エッセイ1999-2000
石牟礼道子全集・不知火 第16巻 (全17巻・別巻一)

商品の詳細

新作 能・狂言・歌謡ほか エッセイ1999-2000

  • 石牟礼道子
  • 解説・土屋恵一郎
  • A5上製貼函入布クロス装 760ページ
    ISBN-13: 9784894348974
    刊行日: 2013/02
  • 定価: 9,180円

現代に蘇った鎮魂と救済の芸能

「『不知火』は、能として書かれた石牟礼道子の内海の文化論である。『いじらしさを花にして、たてまつりたい』。それが内海の文化でありモラルである。自然と人間とが分かちがたくつながり、混成している内海のモラルである。」(土屋恵一郎氏評)

購入数:

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。


目次

I 新作能・戯曲・新作狂言ほか
・新作能『不知火』
・戯曲『草の砦』『沖宮』
・新作狂言『なごりが原』『紅葉の露』
・しゅうりりえんえん
・古典評

II シナリオ・講演・エッセイ

III エッセイ/講演/対談 1999-2000

 解説「石牟礼道子の能と内海のモラル」 土屋恵一郎
 無へ――あとがきにかえて 石牟礼道子
 後記