ジャンル別目録


政治・社会

福島 FUKUSHIMA 土と生きる
大石芳野写真集

商品の詳細

福島 FUKUSHIMA 土と生きる

  • 大石芳野
  • 小沼通二 解説
  • 四六倍変判 264ページ
    ISBN-13: 9784894348936
    刊行日: 2013/01
  • 定価: 4,104円

戦争や災害で心身に深い傷を負った人びとの内面にレンズを向けてきたフォトジャーナリストの最新刊!

土といのちを奪われた人びとの
怒り、苦悩、そして
未来へのまなざし。

2色印刷全228点

購入数:

目次

ふるさとを奪われて
20km 圏内
青白い光
津 波
原発さえなければ
牛飼いの苦悩
飯舘村
山木屋
線量に抗う
夜明けを待つ


 福島第一原発事故の放射能汚染地図
 〈解説〉被災者と向き合って 小沼通二
 〈あとがき〉土と生きる人びと

関連情報

大石芳野(おおいし・よしの)
東京都出身。写真家。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、ドキュメンタリー写真に携わり今日に至る。戦争や内乱、急速な社会の変容によって傷つけられ苦悩しながらも逞しく生きる人びとの姿をカメラとペンで追っている。2001年土門拳賞(『ベトナム 凜と』)、2007年エイボン女性大賞、同年紫綬褒章ほか。
◎写真集
『パプア人』『ワニの民 メラネシア芸術の人びと』
『沖縄に活きる』『夜と霧は今』『カンボジア苦界転生』
『HIROSHIMA半世紀の肖像』『ベトナム 凜と』
『コソボ 破壊の果てに』『アフガニスタン 戦禍を生きぬく』
『コソボ 絶望の淵から明日へ』『子ども 戦世のなかで』『黒川能の里』
『〈不発弾〉と生きる 祈りを織る ラオス』『それでも笑みを』 ほか


a.jpg
aa.jpg
aaa.jpg
aaaa.jpg
aaaaa.jpg
aaaaaa.jpg
aaaaaaa.jpg