ジャンル別目録


哲学・思想

シモーヌ・ヴェイユ 「犠牲」の思想

商品の詳細

シモーヌ・ヴェイユ 「犠牲」の思想

  • 鈴木順子
  • 四六上製 352ページ
    ISBN-13: 9784894348752
    刊行日: 2012/09
  • 定価: 3,888円

“複雑な多面体”ヴェイユの全体像を捉える初の試み。

●第5回「河上肇賞」本賞受賞作
「権利」概念に対する「義務」、「人格主義」に対する「非人格」を基盤にした思考など、近代的人間観の矛盾を根底的に問うたヴェイユの思想の核心とその現代的意義を鮮やかに示す気鋭の野心作。

購入数:

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。


目次

はじめに
序 章
第一章 犠牲観念の誕生
 一 暗き時代の青春――一九三〇年代のヴェイユ
 二 犠牲観念の深化の要因
 三 聖書、キリストとの出会い
 四 神を知る、神を食する
 五 神秘体験再考

第二章 諸宗教における犠牲
 一 諸宗教研究の中心にある犠牲
 二 新しい知の影響と犠牲
 三 「犠牲」を軸にした包括主義

第三章 社会における犠牲
 一 最晩年のヴェイユ
 二 集団に対する自己犠牲への批判
 三 犠牲と「善への愛」
 四 社会思想の中の義務

終 章
あとがき

注/シモーヌ・ヴェイユ略年譜(1909-43)/主要参考文献/人名・神名等索引

関連情報

〈彼女の生涯を貫いているのは「他者を生かすため」の思想の模索であり、それを徹底的に知的に考えぬき、さらに行動に移すことを厭わない生き方ただそれのみに他ならない。そうした彼女の前には、最終的に、政治・宗教という近代以降の便宜的な分け方が無意味となることは明らかであった。
 晩年には、そうした政治・宗教をすべてカバーする思想が成熟し、その基盤に、「犠牲」という観念が置かれた。このことにより、彼女の全生涯にわたって試みられた「他者を生かすため」の思想構築は、最も高みに昇ったといえるだろう。しかし、それは彼女自身が「愛の狂気」と呼ぶ以外ないものに至らざるを得なかった。そこにわれわれは彼女の純粋で激しい「他者を生かしたい」という情熱と、あまりにも厳しい時代状況との悲劇的かつ運命的な巡り合わせを実感せずにはいられない。〉
(本書より)


〈本書が主眼としているのは、短い生涯の中で、八面六臂に活躍し、また深い思索を行いつづけた、複雑な多面体としてのヴェイユの人と思想の全体像を捉えることである。
 その際重要なのは、ヴェイユの一生を貫く情熱、すべての活動(哲学、政治、宗教)の背後にある一貫した内的動機、多面体の中心にあって決して変わらない軸が何であったかを把握することに他ならない。それと同時に、ヴェイユの思想が晩年に見せた宗教的な深まり、すなわちヴェイユという多面体が見せた変化の部分も有機的に把握したいと考えている。
 つまり晩年の宗教性の深まり、思想的変化のきっかけとなったと推測される彼女の神秘体験が、彼女の生涯変わらない一貫した動機、揺るぎない内的軸とどのような関係性にあったかを把握し、分析することを併せて行うことである。〉
(本書より)


【著者紹介】
鈴木順子 (すずき・じゅんこ)
1965年生。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了。学術博士。フランス・ポワティエ大学DEA取得。明治学院大学、放送大学、カリタス女子短期大学講師。
本書の元となった論文「シモーヌ・ヴェイユ晩年における犠牲の観念をめぐって」により第5回河上肇賞本賞受賞。