ジャンル別目録


歴史

満洲浪漫
長谷川濬が見た夢

商品の詳細

満洲浪漫

  • 大島幹雄
  • 四六上製 352ページ
    ISBN-13: 9784894348714
    刊行日: 2012/09
  • 定価: 3,024円

「見事なる敗北者」――自由と詩を求めつづけ、敗れても挫折しなかったその生涯を抉る、初の評伝。

■130冊にのぼる自筆ノート「青鴉」に記された、誰一人知ることのなかったそのナイーブな魂の苦悩……。
■長谷川四兄弟(海太郎、潾二郎、濬、四郎)の三男に生まれ、大川周明の後ろ盾で満洲に渡り、戦前の大ベストセラー、バイコフの『偉大なる王』を邦訳。
■そして甘粕正彦の最期を看取った男の、〝敗北〟の真実とは?

購入数:

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。


目次

第一部 コザックたちの夢
 序章 コザックの魂に導かれて
 第一章 木靴をはいて
 第二章 初恋の行方

第二部 南嶺の赤い月
 第三章 大いなる哉 満洲
 第四章 ポグラの青春

第三部 満洲浪漫
 第五章 アムールの彼方に
 第六章 大陸の活動屋
 第七章 満洲作家誕生
 第八章 虎との出会い――ハルビンにて

第四部 三河幻想
 第九章 ウルトラマリンの底で
 第十章 ハイラル・リーム
 第十一章 三河――野性の宴

第五部 満洲崩壊
 第十二章 土煙る三月――死の予感
 第十三章 王道夢幻
 第十四章 満洲崩壊

第六部 挫折の戦後
 第十五章 幻の潮岬
 第十六章 発作
 第十七章 神彰との別れ
 第十八章 死して成れり
 第十九章 神彰の青鴉
 第二十章 北方航海の旅の果て
 最終章 「虎」へ帰る

エピローグ 木靴をはいて


 あとがき/長谷川濬年譜/参考文献/人名索引

関連情報

長谷川濬 (はせがわ・しゅん)
1906年,函館市に生まれる。兄弟は海太郎(作家),潾二郎(画家),四郎(作家)。29年,大阪外国語学校露語科入学。32年,大川周明の後ろ盾で,5.15事件の日に満洲に渡り,自治指導部訓練所(のちに大同学院)で訓練を受ける。卒業後,満洲国外交部に入り,チタ,満洲里,綏紛河などに勤務。37年,満洲映画協会に入る。38年,北村謙次郎,仲賢礼らと『満洲浪曼』を発刊。40年,『満洲日日新聞』でバイコフ『偉大なる王』の訳載が始まる(41年文藝春秋社より刊行,ベストセラーに)。42年,コザック小説を書くため三河協和会の嘱託となり,コザック村に滞在・取材,マクシム・ニコライウイチと名乗る。1945年8月20日,満映理事長甘粕正彦が自殺,その現場に立ち会う。翌年8月,帰国。
戦後は貨物船のロシア語通訳など様々な職を転々とする。54年,「赤い呼び屋」神彰のアート・フレンド・アソシエーション設立に参加,その片腕となる。56年,ドン・コザック合唱団を呼び,日本初公演を大成功裡におさめる。その後,結核の再発での入退院を繰り返しながら翻訳,ロシア語教師などをつとめ,73年12月に死去。
著書に『烏爾順河』(国民画報社,1944)『海』(私家版詩集,1965)『函館散文詩集 木靴をはいて――面影の函館』(大島幹雄編,mole,2009)
訳書にバイコフ『偉大なる王』(文藝春秋社,1941,新潮文庫1952),エメリヤン・クリンスキー『歌うドン・コザック』(アート・フレンド・アソシエーション,1956),ドウロフ『サーカスの動物ものがたり』(日月社,1958)