ジャンル別目録


経済

貨幣主権論

商品の詳細

貨幣主権論

  • ミシェル・アグリエッタ+アンドレ・オルレアン 編
  • 坂口明義監訳 中野佳裕・中原隆幸訳
  • A5上製 656ページ
    ISBN-13: 9784894348653
    刊行日: 2012/06
  • 定価: 9,504円

経済学では捉え得ない「貨幣」の起源と謎に迫る、貨幣論の決定版!

貨幣を単なる交換の道具と考える主流派経済学は、貨幣を問題にできない。インドヴェーダ社会、アレアレ社会、古代ローマ社会、アフリカ王権社会な ど非近代社会と、ユーロ創設を初めとする現代の貨幣現象の徹底分析から、貨幣の起源を明らかにし、いまだ共同体の紐帯として存在する近代貨幣の謎 に迫る。

購入数:

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。


目次


 まえがき  ミシェル・アグリエッタアンドレ・オルレアン
 用語解説――貨幣の主権とは何か  坂口明義

序説

第1部 債務
 第1章 ヴェーダ・インドにおける祭式的行為への支払い  シャルル・マラムー
 第2章 貨幣取引の儀礼的基礎、
   もしくは殺し屋に礼を尽くす方法  マルク・ロガン・アンスパック
 第3章 主権性と正統性の狭間にある金融的事実および貨幣手段
   ――アルカイック社会の金融制度――  ジャン=マリー・ティヴォー

第2部 主権
 第4章 市場経済の貨幣的秩序  ミシェル・アグリエッタジャン・カルトゥリエ
 第5章 メラネシア共同体にとっての貨幣と、
   ヨーロッパ社会の個人にとっての現代貨幣とを比較する  ダニエル・ドゥ・コペー
 第6章 古代ローマにおける戸口調査・評価・貨幣  ジャン・アンドリュー

第3部 信頼
 第7章 勤労者社会における債務と貨幣の二元性について  ブルーノ・テレ
 第8章 西・赤道アフリカにおける
   脱貨幣化と再貨幣化(19-20世紀)  ジャン=ミシェル・セルヴェ
 第9章 信頼と貨幣
   ――埋め合わせ・保護・統合の諸紐帯についての心理学――  ジャック・ビルスト

第4部 現代の諸進化
 第10章 自己準拠貨幣――現代の貨幣進化に関する考察  アンドレ・オルレアン

  原注
  訳者解説(坂口明義)
  人名索引
  事項索引

関連情報

 本書の仮説は、経済学者にとっては恐るべき知的挑戦であり、貨幣道具観――貨幣を交換の仲介物と見なす――を信奉する主流学説に対抗するものである。本書の著者たちから見ると、貨幣のうちに純粋な経済的対象を見いだすことは、あまりにも還元論的すぎる。近代貨幣は、依然として、全体性としての社会の表現なのである。近代貨幣は、社会帰属の演算子としての地位を維持している。したがって、われわれの分析装置の中心には、貨幣の正統性あるいは主権性の概念が据えられる。このような視角は、交換関係を単なる契約関係に還元することの不十分さを示唆している点で、経済学の正統派の視角に対立するものである。
(「序説」より)

 貨幣が、単に人間の想像的・象徴的な心理現象にとって便利なものであるだけでなく、人間が――自らの共同的昇華=崇高化による保証の下で――相互に開かれた存在であるということの証明に際して共同体的紐帯を組み込むのに不可欠でもあるとすれば、われわれはなぜ貨幣が友愛の表現形態であることを押し隠さなければならないのだろうか? 友愛も、主権的権威の保証の下でだけ可能である。
(本文より)


 近代貨幣の両義性は、個人主義的観点すなわち「金融資産としての貨幣」と、全体論的観点すなわち「制度としての貨幣」とのヒエラルキー化された共存に見いだされる。
 1980年代末のイスラエル社会は、われわれに格好の例示を与えてくれる。国内インフレが記録的な水準に達し、イスラエル通貨シェケルへの不信が頂点に達した時期に、「準備中の抜本的な改革は、深刻な危機を解決するために、わが国の通貨を無条件に放棄し米ドルに切り替えようとするものである」というニュースが伝わった。
 この情報は、政治的騒擾とナショナリズムからの激しい抗議とを引き起こし、結果として、改革プロジェクトは放棄されるに至った。ここには、政治の論理と経済の論理との間の密接な絡み合いが顕現している。貨幣の肯定と国家の肯定とは不可分なのだ。しかし、貨幣主権への集団的な愛着が騒ぎによって確認されてもなお、イスラエル通貨に対する投機は収まらなかった。このときの投機には、いわゆる「ドル化」の進行によるものも含まれていた。というのも、いくつかの銀行は、シェケルの変動から身を守るべく、既にドル建ての債務を発行していたからである。
 私的で契約的なドル化は、最低限の金融的効率性を理由として発展してきたものだった。それには、疑いの余地なく正統的な動機づけが対応している。誰もが自分の財産資産を維持する義務を負っている。これは一個の経済的事実である。これに対して愛国的な主張は、下位の多様な諸価値の目録に載っているものである。
(本文より)