ジャンル別目録


経済

コモディティ戦争
ニクソン・ショックから40年

商品の詳細

コモディティ戦争

  • 阿部直哉
  • 四六上製 280ページ
    ISBN-13: 9784894348585
    刊行日: 2012/05
  • 定価: 2,592円

世界的な資源争奪戦をいかに生き抜くか?

先物市場の聖地シカゴを体感した気鋭の経済ジャーナリスト
米国発の金融資本主義に綻びが見える中、投機マネーのターゲットは穀物、金、原油といったコモディティ市場に移っている。
いびつな価格形成と市場の乱高下が国民生活に影響を及ぼしている今、健全なマーケットへの改革の方途と、「先物思考」の真の意義を明かす野心作。

購入数:

目次

用語集
はじめに

第I部 コモディティが「武器」に変貌した一九七〇年代
第一章 投機化が著しい現在のコモディティ市場
第二章 穀物から始まった米国先物市場
第三章 米ソ「穀物」戦争の勃発
第四章 金 ――世界に衝撃を与えたニクソン・ショック
第五章 OPECから原油価格の決定権を奪取した米国

第II部 コモディティが映し出す日本の近現代史
第六章 日本の近代史は米相場にあり
第七章 金・銀・銅 ――鉱山開発がもたらしたもの
第八章 『女工哀史』と製糸産業

第III部 コモディティにますます翻弄される時代
第九章 激化する「コモディティ」争奪戦
終 章 市場の変質を見抜く眼力

あとがき

参考・引用文献一覧
〈附〉コモディティ関係略年表(1969-2011)

関連情報

「エネルギーや鉱物、食糧、水産資源の獲得を巡り、各国が凌ぎを削るなか、世界は今、原油や穀物、貴金属、コーヒー、砂糖、非鉄、レアメタル(希少金属)、レアアース(希土類)、水産資源など、ありとあらゆるコモディティに翻弄される時代を迎えています。限られたモノ(資源)を獲得しようと争奪が激化している側面もありますが、市場の変質で価格上昇のスピードが桁外れに加速している点のほうが深刻な状況をつくり出しています。
これまで投資の中心になってきた株式や債券、為替などの金融市場の一部にコモディティ市場も組み込まれる時代になりました。コモディティ市場が投機家にとり、格好の運用先として注目されてきたというわけです。」
(本書より)



【著者紹介】
阿部直哉 (あべ・なおや)
1960年,東京・築地生まれ。慶應義塾大学卒。ジャーナリスト。
90年代に米国シカゴに駐在,フューチャーズ・トリビューン紙記者として金融・コモディティ市場関連の取材活動に従事。その後,ニューヨークの通信社ブルームバーグ・ニュースの記者・エディターを経て,2010年9月から明治大学大学院・都市ガバナンス研究所研究員(チャールズ・A・ビーアドを研究)。
訳書にチャールズ・A・ビーアド著『ルーズベルトの責任――日米戦争はなぜ始まったか』(上・下/共訳・藤原書店)がある。