ジャンル別目録


社会学

国家貴族 I
エリート教育と支配階級の再生産 (全2巻)

商品の詳細

国家貴族 I

  • ピエール・ブルデュー
  • 立花英裕=訳・解説
  • A5上製 480ページ
    ISBN-13: 9784894348417
    刊行日: 2012/02
  • 定価: 5,940円

ブルデュー国家論の原点! 教育社会学から国家社会学へ――

膨大な文献資料・統計データを渉猟し、1960-80年代フランスにおける支配階級再生産の社会的基盤を分析し、「権力維持に文化・教育が果たす 役割」についての一般理論を展開。
権力正当化の究極的根拠としての近代国家を、国家主義的に単に肯定するのでも、国民国家論的に単に否定するのでもない、ブルデュー国家論の原点。

購入数:

目次

序 社会構造と心的構造

第I部 分類選別の学校的形式
第1章 二元論思考と相反命題の調停
 諸精神の教科/自在な余裕の高評価/学校的中庸

第2章 正当に評価されないことと象徴的暴力
 認知機械/同僚の評価と大学的精神/認可された美徳の空間

  補遺1) 全国リセ学力コンクール成績優秀者(1966―1986)の社会的出自の変遷
  補遺2) 選別と選別性向
  補遺3) 受賞した二点の小論文において目立つテーマ
  補遺4) 四人の成績優秀賞受賞者プロフィール


第II部 叙階
第1章 一貴族階級の養成
 強制と促成栽培/象徴的幽閉/二元的組織

第2章 制度化の儀式
 身を捧げる人を聖別する/修行と改宗/
 ノブレス・オブリージュ(貴族であることの義務)

第3章 能力の曖昧さ

  補遺) 入学準備クラスとグランドゼコールにおける体験関係資料


第III部 グランドゼコールの〈界〉とその変容
第1章 構造の現状分析
 モデル/大きな門と小さな門/グランドゼコールの空間――交差配列的構造/
 選好の母胎/位置、心構え、思想傾向/職団精神/道を外れた者、道に迷った者

第2章 構造的歴史
 構造的変数と不変数/覇権戦争/迂回路と避難所としての学校

  補遺1) 褒め言葉
  補遺2) 方法
  補遺3) 主な統計資料
  補遺4) 盲目であること

原注