ジャンル別目録


経済

金融資本主義の崩壊
市場絶対主義を超えて

商品の詳細

金融資本主義の崩壊

  • ロベール・ボワイエ
  • 山田鋭夫・坂口明義・原田裕治=監訳
  • A5上製 448ページ
    ISBN-13: 9784894348059
    刊行日: 2011/5
  • 定価: 5,940円

「金融市場を、公的統制下に置け!」

サブプライム危機を、金融主導型成長が導いた必然的な危機だったと位置づけ、“自由な”金融イノベーションの危険性を指摘。公的統制に基づく新しい金融システムと成長モデルを構築する野心作!

購入数:

目次

日本にとっての危機の教訓 ―― まえがきにかえて
  かつての軌道を再評価し、 新しい世界の出現に対応して革新せよ

序 説  画期的変化の2008年
第1章  金融市場効率性理論の瓦解と他の伝統的アプローチ
第2章  金融市場は完全か ―― 危険な過ち
第3章  金融脆弱性と経済危機 ―― 大経済学者への回帰
第4章  民間の金融イノベーションに一貫して遅れをとる各種規制
第5章  アメリカ住宅ローン市場関連のデリバティブ商品危機は避けることができた
第6章  危機の展開 ── 資産のデフレ・スパイラル
第7章  サブプライム危機 ―― 変わらないものと新しいもの
第8章  金融主導型成長の終焉
第9章  金融イノベーションに枠付けをするなという謬論
第10章 金融の社会的統制のために ―― 単一の要請 複数の道
第11章 構造的かつ世界的な危機だが、 国民国家への復帰はあるのか
結 論  転倒する世界 継続する危機

監訳者あとがき

略語解説
参考文献
図表一覧