ジャンル別目録


歴史

「水都」大阪物語
【再生への歴史文化的考察】

商品の詳細

「水都」大阪物語

  • 橋爪紳也
  • A5上製 224ページ
    ISBN-13: 9784894347915
    刊行日: 2011/3
  • 定価: 3,024円

多数の貴重な図版で描く「水の都」の歴史・現在・未来

文明の源であり、人間社会の生命線でありながら、他方では、人々の営みを一瞬にして破壊する恐るべき力ももつ「水」。水と陸とのあわいに育まれてきた豊饒な文化を歴史のなかに巡り、「水都」大阪再生へのヴィジョンを描く。


購入数:

目次

はじめに ――「水都」 大阪の想像力

都市の原点としての 「水」
「水の都」 大阪の誕生
新たな物語のはじまり

 浜  ――水と陸とが出会う場所から

1 「水の都市」 大阪の物語
2 江戸の上水、 大坂の下水
3 船場を基盤にした近代化
4 都市の出入口としての 「浜」
5 「旅行代理店」 誕生
6 都市という 「浜」


第Ⅰ部 「水の都市」 大阪の誕生

1 島  ――汽水の都

1 汽水の都
2 陸と海の境
3 汽水に都市を浮かべる
4 島に集う神々

2 山  ――江戸の 「公共事業」

1 ふたつの山
2 川ざらえというイベント
3 蓬莱山の物語
4 再生される名所
5 西洋風の主題遊楽園

3 都  ――「水都」 というアイデンティティ

1 東洋のベニス
2 「水の都」 と 「煙の都」
3 産業と観光の水都

4 災い  ――治国在治水

1 水害と都市
2 淀川の改修
3 治水翁
4 室戸台風と教育塔

5 新地  ――周縁部としての水辺

1 新町 ――遊興地の整理と集中
2 新地 ――土地の繁栄策として
3 悪所 ――遊興地の取り締まり
4 有楽の所 ――所繁昌と治道


第Ⅱ部 陸と海のあわいで

6 桟橋  ――陸と海との架け橋

1 桟橋でのレジャー
2 橋上納涼
3 東洋一の大桟橋
4 魚釣り電車と大桟橋
5 大浜海楼

7 リゾート  ――鉄道と別荘

1 松の浜寺
2 初期の浜寺公園
3 別荘群から住宅地へ
4 海水浴場の大衆化
5 健全なるホームとしての新開地

8 潮湯  ――新しい海水浴

1 海水浴の誕生
2 潮湯の伝統
3 海水浴場の流行
4 電鉄会社と潮湯場
5 大工が手がけた潮湯場
6 新温泉と大阪

9 楽園  ――都市の余白に描かれた夢

1 土地会社のパラダイス
2 土地会社とスポーツ・イベント
3 土地会社と博覧会
4 埋立て地の 「楽園」

10 夜景  ――水と都市と光

1 光の都 明りの名所
2 祝祭の光
3 赤い灯 青い灯

 水景  ――「浜」 の再生へ

1 水景の都市
2 川からみた都市
3 都市再生と水際
4 誰もが水辺を利用できる権利
5 水際の 「自由空間」
6 水辺の景物を楽しむ


あとがき