ジャンル別目録


文学

生光
(せいこう)

商品の詳細

生光

  • 辻井 喬
  • 四六上製 288ページ
    ISBN-13: 9784894347878
    刊行日: 2011/2
  • 定価: 2,160円

「新生」 の詩論

2005年、 韓国の詩人・高銀との出会いがもたらした自身の詩への衝撃を綴る「『高銀問題』 の重み」をはじめ、 辻井喬の最新詩論。

購入数:

目次

Ⅰ 詩が滅びる時

仰角砲の影 ――南冥・旅の終り 〈詩〉
蛍の樹 ――南冥・旅の終り 〈詩〉
詩が滅びる時 ――『わたつみ 三部作』 のあとに
前衛としての詩の役割
詩における思想とは何か ――ことば・音楽・感性

Ⅱ 生 光 ――「高銀問題」 の重み

屋根つき回廊 〈詩〉
「高銀問題」 の重み
〈対談〉 叙情のありか   高 銀 ・ 辻井喬 (司会) 黒井千次
〈対談〉 詩人と近代    高 銀 ・ 辻井喬
多様性と共同体
オモニよ 〈詩〉

Ⅲ 詩 論

1 詩について

なぜ詩を書くのか  疑心と詩心  詩と環境  写生論  モダニズムについて  長谷川龍生の帰還と出発  立原道造の奥行  鏡としての金時鐘  秋山清の優しさ  知念榮喜の人と作品  粒来哲蔵の島  小熊秀雄の感性  小田久郎と 『現代詩手帖』 50年

2 俳句・短歌について

旅と花合歓  身の秋や  末枯  春の雪の記憶  雉子の眸  都会の中の季語  季節の変り目  初夏の風  写生の不思議  俳句との交遊  華やかさと哀しさと  モダニスト虚子  春・汀女と久女  内在律としての挽歌  春樹俳句の転回   万葉とモダン  源実朝 ――時代を超えた才能  白蓮の孤独な戦い