ジャンル別目録


『環――歴史・環境・文明』

〔学芸総合誌・季刊〕 環 vol.42
特集:多田富雄の世界

商品の詳細

〔学芸総合誌・季刊〕 環 vol.42

  • 菊大並製 432ページ
    ISBN-13: 9784894347519
    刊行日: 2010/07
  • 定価: 3,888円

新しい時代に向けてトータルな知の総合を企図する学芸総合誌

4月21日、多田富雄さんが逝去された。享年76。国際的免疫学者であると共に、2001年春、脳梗塞で斃れ、構音・嚥下障害に苦しむ中で、左手の指一本でキーボードを打ちながら、現代人が忘れかけている魂の言葉を紡ぎだされた。最晩年は、リハビリ診療報酬改定批判、「自然科学とリベラルアーツを統合する会(INSLA)」創設など、これまでの活動とは一線を画す偉大な仕事をされた。多田さんが遺された文章と90余人の国内外の方々の寄稿で多田富雄氏の世界に迫った。

購入数:

目次

● 〈特集〉 多田富雄の世界

多田富雄のことば

詩 「歌占」
  「ネクタイを捨てよう ――学会報告・第2回国際免疫学会議 (英・ブライトン) 」
  「科学技術競争の彼方 ――若手研究者への手紙」
  「山姥の声―― 『邂逅』 あとがき」
  「INSLAを通じて」

詩 「新しい赦しの国」
  「風姿・多田富雄」 (写真 / 文) 宮田 均
  「孤城」 石牟礼道子
  「 『多田富雄を偲ぶ会』 に寄せて」 石坂公成 / 岸本忠三 / 村上陽一郎

  「多田富雄さんを偲ぶ」
浅見真州 / 有馬稲子 / 安藤元雄 / 磯崎 新 / アラン・ド・ヴェック / 大倉源次郎 /
大倉正之助 / 奥村 康 / 加賀乙彦 / 笠井賢一 / 木崎さと子 / 公文俊平 / 櫻間金記 /
清水寛二 / 白洲信哉 / 新川和江 / 関根祥六 / 谷口 克 / 冨岡玖夫 / 永田和宏 /
中村桂子 / 野村万作 / 細田満和子 / 堀 文子 / 真野響子 / 安田 登 /
柳澤桂子 / 山折哲雄 ほか90人

  「父のこと」 多田久里守 / 「臨終の記」 多田式江

  追悼記事 (日 本 / アメリカ)
  主要著作一覧
  多田富雄作新作能上演記録 (1991 - 2009)
  多田富雄 略年譜 (1934 - 2010)


「琉球自治共和国連邦」 独立宣言

「琉球自治共和国連邦」 独立宣言  (全 文)
今、 なぜ琉球の独立か  松島泰勝


● 寄 稿

「沈黙の春」  の再来か  【ネオニコチノイド系農薬の恐怖】  今野時雄
甦る民の魂  【J・ミシュレと石牟礼道子をつなぐもの】      大野一道
日中友好と高碕達之助  【歴史の 「記憶」 と 「忘却」 】     王 柯


● 〈小特集〉 藤原書店創業20周年記念

〈講演〉 歴史人口学と新しい日本像  速水 融
〈講演〉 “生きものらしさ” とは何か  大沢文夫
〈シンポジウム〉 いま、 日本をどう立て直すか  【人づくり / 街づくり / 国づくり】
佐伯啓思+片山善博+青山 佾+宮脇淳子+小倉和夫+(司会)御厨 貴

● 藤原書店創業20周年に寄せて

(メッセージ)
ロベール・ボワイエ / エマニュエル・ル=ロワ=ラデュリ / エマニュエル・トッド / イマニュエル・
ウォーラーステイン / アラン・コルバン / 高 銀 / 石牟礼道子 / 川勝平太 / 鶴見俊輔
(スピーチ)
塩川正十郎 / 大石芳野 / 岡 充孝 / 一海知義 / 辻井 喬 / 西舘好子 /
粕谷一希 / 金時 鐘 / 松島泰勝 / 結城幸司 / 海勢頭豊


● 〈書評〉 書物の時空

〈名著探訪〉  一海知義 / 佐佐木幸綱 / 速水 融 / 塩川正十郎
〈10枚書評〉  呉 世宗/鈴木英生
〈連 載〉 明治メディア史散策5  粕谷一希


● 連 載

〈俳 句〉  金子兜太 / 石牟礼道子
天に在り ――小説・横井小楠  小島英記
竹山道雄と昭和の時代  平川祐弘
近代日本のアジア外交の軌跡  小倉和夫
水の都市論 ――大阪からの思考  橋爪紳也
伝承学素描  能澤壽彦

関連情報

【お詫びと訂正】
本誌42号264頁、「多田富雄新作能 上演記録」のうち、「横浜三時空」のシテは「清水寛二・梅若六郎」のお二人ではなく、正しくは「清水寛二・梅若万三郎」のお二人でした。謹んでお詫び申し上げます。(編集部)