ジャンル別目録


政治・社会

21世紀の知識人
フランス、東アジア、そして世界

商品の詳細

21世紀の知識人

  • 石崎晴巳・立花英裕=編
  • A5上製 392ページ
    ISBN-13: 9784894347205
    刊行日: 2009/12
  • 定価: 5,940円

「知識人」から見る、現代世界。

「民衆」や「大衆」、地域の「歴史・文化」や「政治・経済体制」、そして「メディア」を前にして、常にアポリア的状況に置かれる「知識人」のありようは、 その「社会」を写し出す“鏡”である。フランスにおける「知識人」という形象の成立と変容を辿りつつ、非西洋諸国、旧植民地国など世界各地における「知識 人と社会」の関係を俯眼する画期的論集!

購入数:

目次

「21世紀の知識人」 という問い ――序にかえて
石崎晴己


Ⅰ フランス ――知識人の形成と展開

フランスにおける知識人の歴史 ――18世紀から現代まで
ジャック・ジュリアール (築山和也 訳)

サン= シモン財団とは何か ――ポスト革命期の 「サン=シモン的転回」
 
 
クリストフ・プロシャソン (工藤 晋 訳)

20世紀フランスにおけるアンガジュマン・モデル
ジゼル・サピーロ (丸山真幸 訳)

知識人とメディア
セルジュ・アリミ (大中一彌 訳)

21世紀におけるヴァーチャル知性
ピエール・レヴィ (西川葉澄 訳)

サルトルとユダヤ人 ――巻き込まれてはいるが参加していない者の義務について
有田英也

エティエンヌ・バリバール論 ――あるマルクス主義哲学者の軌跡
大中一彌

フランスの保守革命とセキュリティの政治
丸山真幸

Ⅱ 東アジアの知識人 ――近代化と伝統の狭間で

21世紀中国の知的躍進に向けて ――文化の再構築という課題
董 強 (中野 茂 訳)

高行健、 ある周縁の知識人
ノエル・デュトレ (大辻 都 訳)

知識人と現実の政治
陳 丹青 (権 寧花 訳)

中国現代写真事情
顧 錚

20世紀朝鮮知識人の歴史
曺秉竣 (一條由紀 訳)

世界化の中の知識人 ――天寒く江おのずと波立つ
崔 元植 (申賢慶 訳)

東アジア言語の広場のために
高 銀 (申賢慶 訳)


Ⅲ 日本の知識人 ――個と社会の狭間で

知識人の終焉? ――「身体の零度」 という幻想の行方
三浦雅士

日本の知識人とフランス ――戦前・戦中・戦後
渡邊一民

消滅する媒介者の面影 ――谷川雁ときだみのるについて
上野俊哉

物質と記憶 ――わたしたちの過去に未来はあるのか
港 千尋

表現者にとって、 いかなる社会的関与が可能か
コリン・コバヤシ

日本における大学というフィクション
白石嘉治

咆哮する連合 ――自由と多様性が開花する反グローバリゼーション運動
矢部史郎

新知識人よ、 連帯せよ
古川高子


Ⅳ フランコフォニーの知識人 ――言語と国境の狭間で

言語と境界の狭間で ――ハイチの知識人
ジャン=クロード・フィニョレ (中村隆之 訳)

知識人とグローバリズム ――モロッコで知識人であるとは?
アブデルケビール・ハティビ (鵜戸 聡 訳)

マグレブ仏語文学と知識人、 そして日本
鵜戸 聡

フランス語圏と知識人 ――あるいは外=国語を学ぶこと
澤田 直


Ⅴ 知識人とは何か

知識人の問題系 ――20世紀的空間から21世紀的空間へ
立花英裕

〈総括座談会〉 知識人に未来はあるか
立花英裕+星埜守之+澤田直 (司会) 石崎晴己

〈附〉 国際シンポジウム 「21世紀の知識人」 閉会の辞
加藤晴久


あとがき
石崎晴己
関連年表 (1870―2008)
関連文献一覧