ジャンル別目録


政治・社会

ある凡人の告白
軌跡と証言

商品の詳細

ある凡人の告白

  • 塩川正十郎
  • 四六変上製 272ページ
    ISBN-13: 9784894346918
    刊行日: 2009/6
  • 定価: 1,620円

戦後政治の生き証人“塩爺”が語る!!

小泉内閣の財務大臣を最後に、惜しまれながら政界を離れた“塩爺”が、一人の「凡人」として歩んできた半生を振り返り、政治の今を鋭く斬る。『読売』好評連載に増補、待望の単行本化!

購入数:

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。


目次

はじめに

序 岸信介先生の思い出 ――安保条約改定の裏にあった経済復興への約束


Ⅰ 証 言

通商産業省政務次官時代 ――1度は涙をのむも、 第2次田中内閣で対米交渉や公害問題に取り組んだ
「三木おろし」 と園田先生、 そして4人組
官房副長官時代 ――命がけで労働交渉とハイジャック事件に向き合う
福田先生と大平さん、 園田さんの関係
運輸大臣時代 ――国鉄再建と第三セクター化、 関空着工など腰を据えて難問に向かった
文部大臣時代 ――教育現場を知ろうと膝詰め談義。 「校長先生への手紙」 を記した
党税制会長時代 ――バブルの狂乱を抑えるのは、 税か総量規制か


Ⅱ 断 章

小泉構造改革とは何だったのか


Ⅲ 提 言

1 関西空港のこれから
2 政治改革を訴える
3 社会保障の充実について
4 不況対策と金融
5 政策提案 ――愚見


塩川正十郎 自筆年譜
塩川正十郎 選挙得票数

あとがき